カルーセルとユーザビリティー

Pocket


カルーセルとは?

カルーセル(バナー/パネル/スライド)とは、
複数画像を左右にスライドさせることで表示させる展開(回転)構造を持ったWebコンポーネントです。


スマートフォンが登場した黎明期から、
カルーセルはナレッジと予見が必要な敷居の高い機能であった為、PC/スマフォでの使用には賛否がありました。
特に最終スライドまでの認知は、構造上少なくなっていく傾向は止むを得ません。

実装は「jQuery」で、Webデザイナーでも簡単に組み込めることから広く利用されておりますが、
理想のカルーセルソースに出会えず、適切に運用されていない状況もあるのではないでしょうか。

今回はそんなカルーセルバナーを有効活用するためのポイントを紹介致します。


使いやすさのポイント

単純に単体静止バナーとして素通りされてしまうのが一番の問題なので、気付きのアピールが必要です。

1. ちょい見せ

「単体バナー」ではなく「複数バナー」であることを認識させる表現にする。

2. 手動+時間での切り替え

停止したままではなく、一定時間経過で自動的に動かすことで複数枚を認識させる

3. 全体数の表示

全スライド数を認識させる

4. ポジション

現在のスライドの表示順番を認識させる

5. ループ

最終スライドから先頭へ戻る(ループする)ことを視覚的に伝え、最初のスライドに手早く戻れることを認識させる。

以上に上げたポイントが一つでも十分でない場合、格納されたスライドの全てを認識させるのは難しくなります。


カルーセルの動きをプロトタイピング

「jQuery」などオープンソースから理想の表現が出来ているカルーセルが見つかれば話は終わってしまいますが、探すにも時間がかかるのではないでしょうか。

それでは、カルーセルの内容や動きが確認できるプロトタイピングして具現化してみます。

デザインも出来て、JavaScriptが出来るWebデザイナーなら問題ないのですが、壁がとても高いと思われます。
そんなプログラムに精通していないデザイナーでも作れるツールが、過去の記事紹介している「Adobe Animate CC」です。

グラフィックUIの操作で作れるためデザイナーに相性が良く、
ある程度のJavaScript命令文を項目を選択するだけで記述出来、厳密に構文を覚える必要がありません。
「再生」「停止」「任意のポイントに戻る」「条件分岐」「繰り返し」
以上を組み合わせるだけでも、
プログラマーやプロジェクトメンバーに動きを確認してもらえるプロトタイプを作ることが出来ます。


早速作る

まずは基本的なレイアウトに「ちょい見せ」搭載したプロトタイプです。
クリックでしか動作が出来ておりませんが、回転してグルグルと回るカルーセル本来の動きが確認できるのではないでしょうか。


プロトタイプならではのバリエーション

追加で2種類のデザイン案も作ってみました。

動きの想像が出来、ついつい回してしまいたくなる表現なら有効です。


最後に

いかがでしたでしょうか。
オペレーションソフトやブラウザ速度の向上した現在では、多くの表現がWeb上で可能となっております。
Webデザイナーに求められるスキルも必然と増え、インタラクティブな動的コンテンツが求められてきていると感じています。

それでは次回も、サービスUX設計に関係した話題をします。
以上、デザインに関わっているデジマースのネモトでした。


/////////// 関連記事はこちら↓ //////////

『リフレッシュレート』とUX

プロトタイピングに挑戦する

プロトタイピングの活用

Pocket

UIとアニメーションの関係②

Pocket

必要最低限の機能は揃っていてもアニメーションが一つもないアプリケーションがあった場合、機能面では問題がなくともUI/UX的には優れているとは言えません。
もしそのようなアニメーションのないアプリが存在した場合、あらゆる動作は唐突で、自分が現在どのページにいるのか?どのページから何を呼び出したのか?など、全ての動作にストレスが生じます。UIにアニメーションを取り入れる事で表示に順序が生まれ、目で追うことのできない唐突な動きを削ることができます。このようにアニメーションはユーザーとOSの対話をスムーズに行うための重要な役割を担っています。

ここまでは前回の記事でご説明した通りですが、アニメーションの役割はOSとの対話をスムーズにするだけではありません。アニメーションを使用して楽しさを演出することで印象に残るUXにする事が可能です。
例えばSNSでハートの形をしたグレーのいいねボタンがあった場合「押した直後にピンク色に切り替わる」場合と「押した直後にハートの周りにキラキラした光が浮かびハートが動きながらピンク色に切り替わる」場合では、後者の方が印象に残りやすくなります。コレはいいねと言うポジティブな動作に合わせたアニメーションだからです。大げさに言うと動作と感情に合わせたアニメーションだからです。
また、アニメーションはユーザーの楽しいという体験に影響を与えるだけではなく、ネガティブな動作のストレスを和らげたり、ポジティブな印象に変えることができます。視覚的に楽しければ、ユーザーは印象深く質の高いUI/UXと判断するでしょう。

今回のブログでは、ユーザーの目線や意識を惹きつけたり、体験に影響するアニメーションをいくつかご紹介致します。

1. 反応を示すアニメーション

SNSやECサイトで見かける「いいね」や「お気に入り」ボタン。押した際にアニメーションがあると、押した後の反応が伝わりやすくなるだけではなく、ポジティブな感情とリンクし、楽しい印象を与える事ができます。

2. 状態の切り替えのアニメーション

こちらは機内モードに変更した際に見られるアニメーションです。ONに変更した際には飛行機が飛んでくる。OFFの場合は飛行機が飛んでいく。動きは小さいですが、このような細部への配慮にも、ユーザは楽しさやサービスの質の高さを感じます。

3. 強調のアニメーション

使用して欲しい機能がある場合や、通知がきている場合などにアニメーションを使用することで要素を目立たせることができます。堅苦しい説明がある場合などに使用すると、堅苦しさを和らげることができます。

4. アニメーションの使いすぎに注意

アニメーションは小さくても動いているため目立ちます。そのためアニメーションを多用すると目線が散り、逆にどの要素も目立たなくなります。また、要素の優先順位やシンプルさが失われますので本当に目立たせたい所にだけ使用する事をオススメします。
アニメーションがよく作りこまれていてもアニメーション自体がくどくなっていたら意味がありません。具体的には動作が長い・派手という状態です。この状態だと使用する度に鬱陶しくなります。ユーザーがアプリを何十回、何百回と使用し、アニメーションに新鮮味を感じなくなった瞬間、アニメーションは目障りになります。ツール系アプリ等では特に使いどころに気を付けるべきかと思います。


アニメーションはUXに影響します。私はアプリを使った時にキャラクターが動いたり、ページ内で面白い動きがあった場合、良くできているな~とか、楽しいな~と思います。アニメーションは使用感の向上だけではなく楽しさの演出にも役立ちますが、アニメーションは一度気になりだすととにかく鬱陶しくなってしまいます。使いどころを良く検討した上で組み込む事をお勧めします。
Pocket

初心者向け!エンドロールの作り方②[After Effects編]

Pocket

こんにちは!デザイン業務に関わっておりますコンです。

さて、今回のテーマは「初心者向け!エンドロールの作り方②」です。
エンドロールの中でも、結婚式の披露宴などで流すエンドロールムービーの作り方をご紹介します!

前回のIllustrator編の続きとなっています。
Illustratorで文字が組めたら、After Effectsで文字が上へ流れていく動きを付けてみましょう!


使用するソフト

今回は1種類のソフトを使用して動画を作ります。

■After Effects(アフターエフェクト)

バージョンは「CC 2017」を使用しています。


作成の全体の流れ

作成の全体の流れは大きく分けて3つです。

①作るべき動画のサイズと素材を確認。
②Illustratorでテキスト作成・文章の構成確認。
③After Effectsでテキストが上にスクロールする動きを付けます。

今回は③についてお話していきたいと思います。


エンドロールを動かそう!

1.After Effectsで新規コンポジションを作成

After Effectsを立ち上げ、「ファイル」→「新規コンポジション」を選択。

「幅」は640px、「高さ」は360pxと入れます。
「デュレ―ション」は動画の長さを決められます。ここはエンドロールの長さで必要な時間がそれぞれ違うかと思います。後で時間の長さは変えられますので仮で入れておいて下さい。今回は一旦「40秒」としています。
「背景色」は黒にして下さい。ここもエンドロールの背景色に合わせて変えて下さいね。

OKを押すと、「コンポジション」パネルが真っ黒な状態で開けたかと思います。


2.IllustratorのデータをAfter Effectsに取り込む

「プロジェクト」パネルにIllustratorのデータをドラッグ&ドロップします。

下記のようにモーダルウィンドウが出てきたら、「レイヤーを統合」を選択してOKを押します。
こうすることで、Illustratorで作ったデータがレイヤーで分かれていても、背景や文字などを1つの画像として読み込むことが出来ます。


3.読み込んだデータをタイムラインに乗せる

「プロジェクト」パネルにデータが読み込めたら、そこから「タイムライン」パネルにドラッグ&ドロップします。

ここまで来たら、「コンポジション」パネルでIllustratorで作ったデータが見れるようになっているかと思います。


4.位置を整える

エンドロールの始まりは、テキストの映り込んでいない真っ黒な画面から始まるのが一般的です。
※今回は背景が黒いシンプルなエンドロールなので上記のようにしていますが、写真を使用していたり状況が違う場合はそちらに合わせて下さいね。

今のままだとエンドロールの中盤あたりが中途半端に「コンポジション」パネルに表示されていますので、まずエンドロールの頭の部分が表示されているように位置を整えます。
「整列」パネルの「垂直方向の上に整列」を選択してください。

次に、エンドロールを「選択ツール」で直に選択し、画像を下げてテキストが全く見えない状態にします。


5.エンドロールを動かす為の指定

エンドロールのように、下から上へ要素が流れていく動きを付けたい時は、画像が動く始まりと終わりの「位置」を指定する必要があります。

まずは、開始位置を指定します。
「タイムライン」パネルの「ソース名:エンドロールムービー.ai」の左側にある、三角のアイコンをクリックします。
クリックすると下部に「トランスフォーム」と出てくるので再度クリックします。
いくつか項目が出てきますので、「位置」と書いてある行のストップウォッチのようなアイコンをクリックします。

ここまで来ると、同じく「タイムライン」パネルの右側が下記の図のようになっているかと思います。

「キーフレーム」と言う青いひし形のアイコンが表示されています。これで、エンドロールの開始位置を指定することが出来ました。
今の状態は、「0秒の時、エンドロールムービー.aiはここにいるよ」と言う事を表しています。

次に、終了地点を指定します。
「タイムライン」パネルの「時間インジゲーター」を右端(終了時間)へ寄せます。

「整列」パネルの「垂直方向の下に整列」を選択してください。
続けて、エンドロールを「選択ツール」で直に選択し、画像を上に移動させてテキストが全く見えない状態にします。

ここまで出来たら、「タイムライン」パネルに「キーフレーム」が出来ているか確認してみましょう。
下記の図のようになっていたら、エンドロールの終了位置を指定することが出来ています。


6.実際にエンドロールを動かしてみる

動画を書き出す前に、動きをチェックしましょう。「プレビュー」にある再生ボタンで再生できます。

問題ない方は、手順8へ行ってください。
動画が早すぎたり遅すぎたりして、文字が読みづらい…と言う方は、手順7を確認してください。


7.動画の時間を変更する

メニューバーの「コンポジション」→「コンポジション設定」を選択。
「デュレ―ション」の時間を変更します。動画を都度再生しながら最適な長さに調節してみて下さい。

エンドロールの特性上、多くの人が一斉に見たり読んだりすることになりますので、読むのに十分な時間を確保してあげてください。


8.動画を書き出す

「ファイル」→「書き出し」→「Adobe Media Encoder キューに追加」を選択します。
Adobe Media Encoderが開きますので、下記の図の再生マークを押すと書き出しが始まります。

これで、エンドロールは完成です!
実際に書き出した動画が下記になります。この流れで作るとこんな風になるんだなと言う参考程度に見てみて下さい。

※この動画はブログ掲載用に設定を調整しています。


おわりに

いかがでしたでしょうか?
実際に動画として完成するとちょっと嬉しくなるのではないでしょうか!

今回はスタンダードなエンドロールの作り方でしたが、背景を変えたり、写真を載せたりするだけでもガラッと雰囲気が変わります。
ぜひ色々試してみて下さい。そして、思い出に残る素敵な結婚式のエンドロールムービーを作って下さいね!

それではまた!デジマースのコンでした。

Pocket

シネマグラフ

Pocket

シネマグラフってご存知ですか?
映画の何かかなと思ってしまうかもしれないのですが、映画の業績表などではないのです。
私も何かわからなかったため、ちょっと調べてみました!!
何らかの形でデザインにも活かせそうなことがありましたので(私の主観ですが)紹介させて頂きます。

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

▼シネマグラフとは??

そもそもシネマグラフとは、映画の業績表などではなかったら何のなのか?
一言でいうと「一部のみを動かしてループさせた画像」です。

―――はぁ…い、一部ですか?

―――調べてみたらそうでした。

下のようなアニメーションGIFの様に万遍なく動くTHEアニメーションではないのです。


▼実際に見てみましょう


永遠にあふれることのない紅茶


水だけが出続ける


水の勢いで溜まった水だけが動く
説明用に作成を致しましたため、かなり手軽な生活感有るものばかりですがおゆるしをば。

シネマグラフは特に多くを語ることが無いくらい分かりやすいものだと思います。

一部のみ繰り返しの動きがついていると何だかとても不思議な世界です。
つい、ぼーっと見てしまいますね。
作成上の関係で生活感ある水系のものになりますが、逆に言うと誰でも簡単にシネマグラフが作れるという事ですね!
編集も思っている以上にサクッとできます。
(申し訳ございませんが、作成方法は割愛させて頂きます。)
また、多くのものが動く所や、動物など様々なもので作成するともっと臨場感あふれる不思議な光景が作れるかもしれませんね。

EX)
・後ろにある影だけが動き続ける
・人で賑わう縁日の頭上で花火だけが繰り返し動く
・夏の草木が静止する中、風鈴だけが繰り返し動く
・交差点で信号だけが動き人は静止
・ワンちゃんの尻尾のみが動き続ける
・溶けずに燃え続ける蝋燭
・ひたすら瞬きだけを繰り返す人
・人間の持ち物だけが動く

ちょっと考えるだけでもたくさん出てきます。

▼使いどころ

個人で楽しむため、人に作ったものをSNSで見てもらいたい等といった所や、はたまた企業のブランド訴求の延長線として、使うことも効果的です。

全体が動いていないことにより動く箇所にピンポイントで目が行きやすくなる構造になるため「特に見せたい」箇所などの訴求が強くできますね。

例えば、“新しいハンドバッグ”をHP上で訴求したい場合以下のような訴求も考えられます。

※写真動画のシネマグラフが用意できないためイラストで表現させて頂いております。

ハンドバッグだけが繰り返し動く。
一見とてもシンプルな構造ですが、ハンドバッグだけが動いていると、自然と目がそちらに向かいますよね。
見てくれる人の目線を自然な形で商品へ誘導することでストレスなく新商品の訴求が出来ているのではないでしょうか?
場面や動かす一部の大きさによって、様々な表現が期待出来そうです。

▼最後に

いかがでしたでしょうか?
見ているだけで不思議な感覚になりますよね~!
一見静止画かと思いますが一部だけ不可思議に動いていたら、ついつい人は見てしまいます。
何かしらの惹き画像にもなりますので効果的に使えたら良いですよね。
もしもこれを機に気になった方は是非シネマグラフを検索してみて下さい。

次回もデザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければと思います。
それでは、またお会いしましょう!以上スガがお送りいたしました。

Pocket

『リフレッシュレート』とUX

Pocket

私たちが普段眺めているスマホやタブレットの画面ですが、
実は、操作してない時でも頻繁に画面を書き換えています。

画面を書き換え(⇒リフレッシュ)しているということは、
常に貴重なバッテリーを消費しているので、その部分だけ聞くとエコではありません。

スマホなど、使用開始から2年目に近くなると著しくバッテリーの劣化を感じますが、
出先での充電も面倒ではあるので、
可能であれば何とか温存して一日持たせたいところです。

そんなネガティブな話題から入りましたが、
リフレッシュレートの機能の恩恵は大きく、私たちの使用感/満足度など、
UXに大きく影響を与えます。

今回は機械的な話に寄りますが、
この(単位時間で画面をリフレッシュする⇒)「リフレッシュレート」の話をUXと絡めて考えてみます。


■リフレッシュレートとは?

一般的な説明として、リフレッシュレートとは、
1秒間にスマフォやテレビなどの画面を何回書き換え更新するか、の理解で良いと思います。
機器の仕様書には、

60Hz(ヘルツ)だの120Hzや最近ですと240Hzなんて数字も確認できます。

つまりはスマホの画面が一秒間に60回だったり120回だったり240回、
最新状態に書き換えしてる端末がそれぞれあるということです。
忙しくエネルギー使いまくってそうですね。

では日本でも売れているiPhoneやiPad Proの仕様についてみてみます。


■iPhoneやiPad Proのリフレッシュレートは?

・iPhone   60Hz
・iPad Pro  60Hz(可変リフレッシュレート)

でした。 ※2017/6/6時点発売済みの端末

ロック画面の静止画状態でも、1秒間に60回も書き換えているなんて、環境に申し訳ないですね…。
バッテリー消費もしているので使用者のメリットもありません。
これは良くない体験の様です。

でも…『iPad Pro』の仕様をよく見てください。
”可変リフレッシュレート” となってます。

『iPad Pro』の可変リフレッシュレートですが、
実は利用者が操作していない状況を判断して、
リフレッシュレートを低く[30Hz(30回書き換え)などに] 変更させているんです!
画面を操作していないときはエコモードになるなんて、
見えないところでもユーザーに恩恵を与えているんですね。
バッテリー持ちを良くするための機能だと思いますが、
双方にメリットがあり、
これは良い体験なのではないでしょうか。


■新型iPad Proの仕様

2017年6月6日、Appleは、
同社の開発者カンファレンス「WWDC17」の基調講演で、
「iPad Pro」シリーズの刷新を発表をしました。

・iPad Pro  120Hz [可変リフレッシュレート(48Hz/24Hzなど)]

こちらの製品の仕様では、
リフレッシュレートが大きく向上して120Hzに変更されました。
目的としては、「Apple Pencil」の体験向上が上げられ、
レスポンスが快適になるとのことです。

仕様上だけでもペン先への描画追従性が倍に上がるので、
”書き味”に大きな変化が現れることでしょう。

またリフレッシュレートの向上は、
画面スクロール時にも影響が出ると判断でき、
ヌルヌルとしたスクロールになることで、文字の視認性が良くなるのではないでしょうか。

大きな使用体験の変化は新たな需要を生みます。

「読む/見る」といったニーズでは行き渡った感があったタブレット端末ですが、
「描く/伝える」といった新たな体験と価値を提供するツールとして、
新しい市場を開拓するのではないでしょうか。

■今後のリフレッシュレートの向上について

モバイルツールとして120Hzのリフレッシュレートを実装してきましたが、
コンシューマ向け「据置型モニター」での市場では、
240Hzの領域まで量産技術が進んでいます。
さらに、
人間の目で判断できる限界(140~200Hzという説)もあり、
240Hzあれば十分なのですが、
ホールド型液晶画面は仕様上残像の問題が出るので、
その点をカバーする目的で、
高速にリフレッシュする480Hzまで行きつく必要があるのではないでしょうか。
表示応答性に優れた「有機ELディスプレイ」との組み合わせも考えると未知の領域ですが、
スマホでヌルヌルとスクロールしながら文字を速読する、
そんな体験が出来る時代までもう少しです。

次回も、サービスUX設計に関係した話題をしたいと思います。
以上、デザインに関わっているデジマースのネモトでした。

////////// 関連記事はこちら↓ //////////

プロトタイピングに挑戦する

プロトタイピングの活用


[必然的な利用シーン]環境/需要との接触


UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈する


サービスVSユーザー!UIリテラシー格差


あぁ…Flashツールに望みはあるか?


8bitに学ぶUIデザイン


サービス運用中の注意点


データとセグメンテーション


サービス立ち上げとデザイン

Pocket

UIとアニメーションの関係

Pocket

こんにちは、ハラです。モバイルアプリで何気なく見るアニメーション、実は見た目を良くする為だけにあるのではなく、使用時のストレスや違和感をなくし使いやすさや満足感を高めるために使用されています。今回のブログではそんなUIのアニメーションについてご紹介いたします。

見た目だけじゃないアニメーション

まずは①の画面と②の画面のメニューボタンを押した後の反応を見比べてみてください。①と②でユーザーに違和感を与えないメニューの表示方法はどちらだと思いますか?

  ①    ②

 

大抵の方は②の方を選んだのではないでしょうか? ①ではメニューボタンを押した後にメニューが突然現れました。対して②ではメニューがスライドして現れました。スライドしてメニューが出てきた場合の方が違和感が無いのはなぜか? それはスライドして現れる方が現実に近いからです。現実では魔法のようにいきなり何かが出現することはありません、ユーザの想像を越えない現実に近い動きを加える事で自然でストレスのないメニューの表示が可能となります。①のように「よくわからない場所から突然現れる」という事になると、目線をどこに置くべきか定まらずストレスとなります。
ユーザーは、現実で起きる動きに近い表現に対しては自然に適応します、非現実的なアクションを起こすとユーザーは混乱してしまい、複雑なUIと捉えてしまいます。

そのほかにもアニメーションを使うと効果的な場面をご紹介します。

更新の動作
   

 

こちらは「画面を下にスワイプして放す」という動作により更新を行った場合に現れるアニメーションです。画面のどこからでもスワイプにより更新する事ができるこの方法は、ナビゲーションバーまで指を伸ばして更新ボタンを押し、画面に更新中と表示されるという流れがないため、ユーザにとってはボタンよりも楽な操作となります。しかし、このスワイプ更新にはアニメーションが必要不可欠です。もし、この操作にアニメーションが無かった場合、気づきとなる要素がないため、ユーザーは“どこまで下げればいいのか?” “更新がされているのか?”と悩んでしまいます。かといってどの辺りまで下げるべきなのかをチュートリアルで説明する事は、読まれるかわからない上にユーザーの使用を一時的に止めてしまうため、最良の手段とはいえません。このスワイプ更新のように、行って欲しい動作のイメージに沿ったアニメーションを加える事で、ユーザーは煩わしいチュートリアルを読む必要がなくなります。

削除と詰め
  ×    ○

 

リストなどで追加・削除を行った際にアニメーションが無かった場合、要素が消えたことや消えた空間が詰められたということがあまりにも突然で、ユーザーが認識をする事が難しく混乱します。また、削除と詰めなどの複数の動作が同時に起きる事も混乱の原因になります。この場合はアニメーションにより「削除」→「スペースを詰める」と言う順序をわかりやすく表示する事で混乱を避けることができます。このようにアニメーションにはアクションの順序を伝える手段として有効です。


UIにアニメーションを取り入れる事は非常に重要です。「言われてみれば、ここにアニメーション使われているよね」と、思われるぐらい自然に組み込むことが理想です。また、ポジティブな体験を伝え、ユーザーを飽きさせないようにする・惹きつけるアニメーションももちろんあります!(こちらもまた別の機会にご紹介してみたいと思います)では。

Pocket

ユーザーフレンドリー

Pocket

こんにちは!デザイン業務に関わっておりますコンです。

不安定なお天気が続きますね。急に大雨が降ったりするので困ってしまいます。
さっそく新品の靴が濡れてしまいました…みなさんも気をつけて下さいね。
もし靴の買い替えをご検討中の方は梅雨が明けてからの方が良いかもしれませんよ!

さて、今回のテーマは「ユーザーフレンドリー」です。
ユーザーフレンドリーとはどんなものなのか、スマホ向けサービスをデザインする視点で考えていきたいと思います。


ユーザーフレンドリーとは?

ユーザーフレンドリーとは、その名の通り「使う人にとって親切なこと」と言う意味です。
ユーザーの視点に立ったサービス設計や、使いやすい状態を言います。UIデザインをする上でとても大切なことです。

「何も知らない人が初めてこのサービスを見た時、使い方がわかるかな?」と考えてみて下さい。
ユーザーは、何か目的があってサービスを利用しようと思っています。その目的をストレスなく達成してもらう為に、ユーザーフレンドリーを意識してUIデザインを行って下さい。
そうすることで、問題点のある現状よりUIを向上させることが出来るはずです。


ユーザーフレンドリーのポイント

ユーザーフレンドリーで特に意識すべき代表的なポイントをご紹介したいと思います。


①目線の流れを意識する

基礎的なことではありますが「目線の流れ」を考えましょう。
簡単に言えば、横書きの文字は左から右へ、行が変われば上から下へ読むのが自然なことですので、そう行った目の動線を意識すると言うことです。

目線があっちこっちに行くより、一定のルールでテンポよく見せてあげた方が見やすいですよね。

②優先度を明確にする

ユーザーにとって優先度が高い物から順番に構成しましょう。
①とも関係しますが、目線が左から右、上から下へ動く特徴を活かし、優先度の高い物は上部または左上に置くと効果的です。
最も目立ち多くの人に見てもらえる場所ですので、それだけユーザーがすぐ気付くことが出来ます。

更にその中でも優先度が最も低い物やあまり目立たせたくない物、最も重要な物で表現を変えたりするとよりわかりやすくなります。

上記を意識してボタンを配置する場合のイメージも作ってみました。下の図を見てみて下さい。

まず、あまり目立って欲しくない物とは「キャンセル」「戻る」など離脱する要素で、イメージの左の図のように色の面積を減らして目立たないようにしています。
開発側からするとネガティブな要素なので、出来るだけ押してほしくないですよね…。
優先度をかなり下げてテキストだけにすることもありますが、これは開発側の目線なのでユーザーフレンドリーではなくなってしまいます。
その場合はテキストの色を変えてあげたりするとアクションを起こせる気づきになるので、ユーザーフレンドリーになります。

次に、特に重要な物とは「決済の確定」「消去」など取り消せない要素で、イメージの右の図のように注意を促す赤色を使用して目立つようにしています。
こうすることで目線を優先度の高い物へ誘導してあげることが出来ます。


③押せることがすぐわかるようにする

ボタンやリンクパネルなどタップすることでアクションが起きる要素が、押せるものだとすぐわかるようにしましょう。

下記の図を見てみて下さい。

左の図のより、右の図の方がボタンだと認識しやすく押せることが分かりやすいですよね。
文字を囲っただけですが、ちょっとしたことでグッとわかりやすさが変わってきます。

優先度が低いアクションに対しては、テキストの下に下線を引いたり、矢印アイコンを付けるだけでも効果があります。

 

ここで注意したいのが、押せる場所と押せない場所の違いが明確になるようにすることです。
押せない場所が押せるように見えないように表現を変えましょう。


④シンプルに

機能や画面の要素は出来るだけシンプルにしましょう。
選択肢が多ければその分迷いが発生しますので、ユーザーが目的を達成するまでに時間を掛けさせてしまいます。

極端な話ですが、選択肢が2つしかなければ、どちらか1つ選べばいいだけなのでわかりやすいですよね。
機能を減らすのが難しい時など、どうしても画面内が複雑になってしまう場合は、最も優先度が高い物が何なのかわかるように構成しましょう。

例えば下記の図ですが、機能が沢山ある中でもシンプルに見せることが出来ます。

左の図は、選択肢が多い上に見た目も同じなので、どこを選択すればいいか一目ではわかりづらいですよね。
上から下まで読んでから選択する…と言う動きになるので、時間のロスだったりユーザーのストレスに繋がります。
右の図だと、「はい」「いいえ」の選択肢にまず目がいきますよね。「青いボタンのどちらかを押せばいいんだな」とユーザーが直感的に気付けるかと思います。
このように、いかにシンプルに見せるか注意することで、わかりやすさに大きな違いが出てきます。


おわりに

いかがでしたでしょうか?
ユーザーフレンドリーの考え方自体は、そんなに難しい事ではないですよね。
そもそも機能が複雑だったり、サービス開発が進んでいく中で仕様が変化したりすると「どうすればいいかな?」と悩むところではありますが…

悩んだ時こそ、ユーザーにとって何がフレンドリーなのか初心に返ることも大事なのではないでしょうか!

それではまた!デジマースのコンでした。

Pocket

簡単!パターン素材の作り方-基礎編-

Pocket

簡単にドット背景、星柄背景を使えたら…!と思った事はないでしょうか?
今回はパターン素材の作り方を紹介したいと思います。
内容のレベルとしては基礎編ということで初めてパターン素材を作る方やどんなものだったけなと復習に適したものになっております。
—————————————————————-
★作成環境:IllustratorCC(作成に置いてCSシリーズも対応)
★動作確認:Windows7
★所要時間:10分(慣れると5分)
—————————————————————-
*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

▼パターン素材とは

・自分で作ったパターン素材をスウォッチに登録することで、色を選択する感覚でいつもで使えるようになります。
・作ったパターン素材は縦横敷き詰める形で配置されます。


そのため、どんな形においても敷き詰めた際に繋がる上下・左右は絵柄、スペース等の違和感が無いように計算して作成をする必要があります。
パターンを作る際に最も重要な1つとなります!

それでは上記を踏まえ、まずは簡単なパターン素材を一緒に作って行きましょう!

▼『星柄繰り返しパターン』メイキング

上下・左右の絵柄、スペースのつながりに注意しながら作ってみましょう!

※ここで紹介しております内容は、一作例となります。
サイズ、比率等は説明のしやすい様に書いております。

【1】ツールの長方形ツールで正方形を描く。
【縦200px横200px・色#afd8f9】

【2】柄に使用する星を用意します。今回は縦横16px×16pxの星にします。

【3】星と背景を選択し、整列ツールを使って左上にピッタリ配置します。

【4】星を右側に50pxずつ動かす準備をします。
【Ctrl+K】で環境設定を開きキー入力を50pxに設定しOKを押します。

【5】星を選択し【Alt+→(右)】で星をコピーします。

【6】【Ctrl+K】で環境設定を開きキー入力を25pxに設定しOKを押します。
星4個を選択し【Alt+↓(下)、Alt放して→(右)】
【Alt+↓(下)、Alt放して→(左)】を交互に行い星を増やします。

【7】出来上がった画像を全選択して【Ctrl+G】でグループ化します。
その後、スウォッチが画面にない場合は上部のウィンドウからスウォッチ
を選択してください。

【8】出来上がったパターンを選択しスウォッチにドラッグします。

【9】スウォッチにパターンが追加され、これでパターン作成完了です!

【10】ハート型の図形にパターンを使ってみました。

▼最後に

いかがでしたでしょうか?
基本的な繰り返しパターンの作成を紹介させて頂きました。
柄が星ではなく、ストライプやドットの場合でも同じことが言えます。
また、規則性の無い柄になると少し難しい話になるかもしれませんので
それはまた次の機会にて!以上スガがお送りいたしました。

次回もデザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければ
と思います。それでは、またお会いしましょう!

Pocket

プロトタイピングに挑戦する

Pocket


今回は、
Webサービスのプロトタイピング(ゲーム)に挑戦します。
ツールは、以前にプロトタイピングツールの紹介記事のなかで紹介した
『 Adobe Animate CC 』(旧『Adobe Flash Professional』)を使って、
UXのエッセンスを加えていきます。

現在、FlashとFlash制作ツールは過去のものとなっておりますが、
「ActionScript」から「JavaScript」の制御に変更になる点と、
記述方法の独自の縛りを認識して進めれば、
同じオペレーションスキルで『 Adobe Animate CC 』による、
「HTML5 Canvas 」のアウトプットが作れるメリットがあります。


■まずは設計

私のスキルですが、

・Flashツールのオペレーション
・極少々のJavaScript

程度です。

そんな理由もあり、今回は課金等発生するサービスではなく、
「HTML5 Canvas 」を活かしやすい、
簡単UIワンボタンゲームを作りたいと思います。

まずは遷移図がこちら↓

なんと要素の少ないことでしょう;
しかしながら、
これらの内容全てを盛り込める時間もありませんので、
形に出来るように取り組んでまいります。

遷移図を見る限り、単純な「if文分岐」で作れそうです。

「ランキング」機能については、実現は難しそうですが、
今回の目的は、
短い期間でアイデアを展開出来る形に落とし込む「プロトタイピング」ですので、
やりたいことのイメージ/ビジョンが、
第三者に伝えられる状態になっていれば問題ありません。
最低限伝えたい雰囲気だけは再現していこうと思います。

時間が限られていますので急いで進めていきます!


■画面イメージを起こす

早速『 Adobe Animate CC 』に組み込む画像を作ります。

遷移図を参考に、各ページを『illustrator』で作ります。

アートボードを画面単位で運用ファイル名をつけて設定してしまえば
ワンアクションで全てのページが書き出し出来て便利です。
したがって、必要な画面のブラッシュアップは適宜おこなえますね。
本当に便利です。

ゲームをプレイするターゲット(今回は1970~80年代の古き良き遊び世代)に好感を持ってもらうため
液晶/LSIゲームの表現を取り入れてます。
ターゲットの懐古UX度上げていきます。

※今回は単純な内容なのですが、
「ユーザー・エクスペリエンス(ユーザー体験)」を重視しています。


■いざ組込み素材の書き出し!

必要な画像が揃ったので書き出しします。

⇒ファイル/書き出し/スクリーン用に書き出し…
です。

今回の作業は「横幅375px」で『illustrator』上で作業をしてますので、
ターゲット端末(iPhone6 サイズ 横幅750px)で使用した場合も必要な解像度が得られるように、
「x1」(倍)から「x2」(倍)に切り替えて書き出しします。
※「iPhone6 Plus サイズ 横幅1242px」がターゲットの場合は横幅414pxで作り「x3」(倍)

それではポチッと書き出し…

…細かい部品も含めてワンアクションで書き出し完了でリネームも必要ありません。
便利です。

さぁ!時間がありません!

『 Adobe Animate CC 』で簡単プロトタイプを製作するために組み込みしましょう!


■『 Adobe Animate CC 』での組込み

※オペレーションは割愛させていただけます。

組込み方はFlash時代と変わりありませんので、
ライブラリに格納した画像を「ムービークリップ」にそれぞれ設定しましょう。

ステージサイズはWeb表示時に一画面に収めたいので375×554(くらい)。

スクリプトのレイヤーを作ってJavaScriptはまとめて記述しましょう。
基本遷移アクションのスクリプトは項目を選ぶと自動である程度書き込まれます。
楽々ですね。

あとはスライドショーをつくる感覚でタイムラインを制御して実装を続けると…

こちらの状態が出来ました。



※あくまで製品雰囲気を伝えるプロトタイプなので、
挙動や当たり判定の完成度には期待しなくて問題ないです。

十分、提案したい内容は伝わるのではないでしょうか。


■UXを意識した調整

今回の目的に「UX」があります。
画面イメージなど意匠でもUXを意識して制作していますが、
最後に、楽しい体験を演出する表現を追加してみます↓



まだまだ足りませんが、
先ほどの状態より背景の草が動いていて、ポジティブな感情になりましたでしょうか。
単調な内容でも、
目的をより良く導く体験要素を組み込むだけで、
感じる体験の内容が変わってくるのではないでしょうか。

今回のプロトタイプでは再現出来ていない「スコア」、
「スコアの違いを生む要素」、共同体験が可能になる「ランキング機能」などは、
より良い体験(UX)に繋がる要素です。

是非、アイデアを形(プロトタイプ)にして、
より具体的な提案をしていきましょう。

次回も、サービスUX設計の話題をしたいと思います。
以上、デザインに関わっているデジマースのネモトでした。

/////////// 関連記事はこちら↓ ///////////


プロトタイピングの活用


[必然的な利用シーン]環境/需要との接触


UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈してみた


サービスVSユーザー!UIリテラシー格差を考える


あぁ…Flashツールに望みはあるか?


8bitに学ぶUIデザイン


サービス運用中の注意点


データとセグメンテーション


サービス立ち上げとデザイン

<a

Pocket

趣味の写真加工にぜひ!Photoshopで行う画像の切り抜き+合成 【切り抜き編】

Pocket

こんにちは。今回ご紹介するテーマは
「趣味の写真加工にぜひ!Photoshopで行う画像の切り抜き+合成【切り抜き編】」です。

趣味でPhotoshopを使う、あるいは使ってみたいという方は沢山いらっしゃるかと思います。PhotoShopを使ってまず何をしてみたいか…最初に思い浮かぶことはおそらく切り抜きや合成ではないでしょうか?色調補正では?とも思ったのですが、最近は皆さんスマートフォンで補正をおこないますよね…!?
と、言う事で、私の今回と次回の更新で切り抜きと合成(フォトコラージュ)についてご紹介したいと思います。今回ご紹介する切り抜き方法は一見複雑に見えますが、特別な知識・技術は必要ありません。基本、ただなぞるだけの作業となります。

前置きはいいのですぐに切り抜きたい方は コチラ!>

切り抜きを行う前に…切り抜きについて

切り抜きは、フォトコラージュだけではなく、補正のためにも行われます(厳密にはパスやマスク、選択範囲の作成が目的)。
また、言わずもがなですが切り抜きの精度は制作物の仕上がりに大きく影響します。切り抜きが甘いと安っぽかったり…怪しかったり…と、印象が悪くなってしまいます。そしてなにより合成時の違和感が大きくなります…。(ネタ画像などは雑な方が味が出る場合がありますが…)自然な合成を行いたいのなら正確な切り抜きは必須です。

画像の切り抜き方法の種類

画像の切り抜きが初めての方は「どうやってやっているのだろうか?」と思うかもしれません。実は切り抜き方法は、簡単なものから、少しコツのいるものまで沢山あります。
どの切り抜き方法を行うのかは、画像や使用する場所によって判断するのですが、今回はペンツールなどの使い方を知らない方でも切り抜く事のできる方法を一つご紹介いたします。

今回行う切り抜き方法について

今回の切り抜き方法は「選択範囲とマスク」機能を使用した方法です。
この切り抜き方法は手動+自動検出により選択範囲を指定し、マスク(後ほど補足します)をかけて切り抜くという方法です。この方法は主に髪の毛やふわふわした犬・猫などの輪郭の複雑なものの切り抜きに適しています。
切り抜きたい物と背景の境界があいまいな画像には適していません(切り抜けないわけではありません)。また、境界がはっきりしている画像に関してはパスで切り抜く方法がオススメです。

切り抜き手順

では早速、作業手順をご紹介していきます。

PhotoShop上部メニューバーから「ファイル」→「開く」で切り抜きたい画像を選択し「開く」をクリック

画像が開きました。今回はこちらの猫の写真を切り抜きます。

「選択範囲」→「選択範囲とマスク」をクリック

選択画面に切り替わるので、表示モードをオーバレイに切り替えます

「クイック選択ツール」をクリックします。ツール選択後、切り抜きたいもの(残したい物)をドラッグします。すると自動で対象の輪郭が選択されます。

選択範囲がはみ出してしまった場合は、はみ出した部分をAltキーを押しながらドラッグします。(細部は次の工程で調整するので多少荒くても構いません)

クイック選択ツールによる大まかな選択が完了しました。

「境界線調整ブラシツール」を選択し、切り抜き対象の境界をドラッグでなぞります。余計に選択した場合はAltキーを押しながらドラッグして調整します。

境界の選択が完了したら、「出力設定」をクリック→出力先を「レイヤーマスク」に変更→「OK」をクリック


切り抜きが完了しました。

「ファイル」→「保存」でタイトル(今回は“ねこ”としています)を入力→「ファイルの種類をPhotoshop(PSD)」に設定→「保存」をクリック

以上で切り抜き作業の完了です。

おまけ:スマートフォン用の壁紙画像を作ろう!

PhotoShopで先ほど制作した切り抜き画像を開きます。

レイヤーパネルで「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンをクリック→「ベタ塗り」を選択→カラーピッカーでお好きな色を選んで「OK」をクリック

追加された「ベタ塗りレイヤー」をレイヤー0(ねこ画像)の下にドラッグ&ドロップ で移動

切り抜き画像の背景に色がつきました。

切り抜きツールを選択。
バウンディングボックスをドラッグし、スマートフォンで使用したい範囲を選択→「Enter」をクリック。※画像の表示範囲設定は端末の設定画面で行ってください。

補足:サイズを指定したい場合は上部にあるオプションバーより「幅×高さ×解像度」を選択→幅と高さに数値を入力します。

その後「ファイル」→「別名で保存」→ファイルの種類を「JPEG」に設定→「保存」→「JPEGオプション」で画質を8に設定(好みの画質で構いません)→「OK」をクリック

完成です!
あとはコチラの画像をお手持ちのスマートフォンに送信し設定をするだけです!

いかがでしたか?PhotoShopでは輪郭の複雑な写真でも、ただなぞるだけで切り抜く事ができます!次回はこちらの切り抜き画像を使用してネタ要素の強い合成写真の作り方を説明していきたいと思います。

Pocket