マスコットキャラクターの作り方

Pocket

こんにちは!
今回のテーマは「マスコットキャラクターの作り方」です。
マスコットキャラクターを作る時の考え方や制作方法などをまとめてみました。

前置きはいいから早く作り方を知りたい!と言う方はコチラ からご覧ください!


マスコットキャラクターとは

マスコットキャラクターとは何かというと、『身辺に置いて大切にする人形や、何らか団体(グループ)のシンボルとする動物などである。(マスコット-Wikipedia)』です
アプリやWEBサービスを利用する際、ゆるっとした可愛らしいキャラクターを見かけたことはありませんか?
あの子たちを、マスコットキャラクターと呼びます。
WEBに限らず、都道府県や市町村がたくさん作っている「ゆるキャラ」などもそうですね。

マスコットキャラクターを起用するメリットは、「サービス認知」です。
サービスがどのような物なのか直感的に伝えられるので、効率の良い宣伝効果があります。
テキスト情報だけの場合より瞬時に認識しやすく覚えやすくなります。何かを説明する際、文字だけで説明されるより、イラストがあるとわかりやすいですよね。

また、キャラクター自体を気に入ってもらえれば、それがサービス利用のきっかけになる場合もあります。
ゲームや漫画系のキャラ物サービスはもちろん、公共機関など真面目で堅い印象のあるサービスでも見かける事は多いかと思います。
お堅そう、難しそうと言う印象を持ってしまいがちなサービスでも、マスコットキャラクターがいることで親しみを感じてもらい、サービス利用の敷居を低く出来る効果もあります。

マスコットキャラクターについての前置きはこのくらいにして、実際に作ってみましょう!


01.サービスコンセプトを確認する

まず初めにサービスコンセプトを確認しましょう。
自分1人で考える場合でも、企画側から依頼される場合でも、コンセプトとイメージが明確になっていることが大切です。

企画側から依頼を受ける際、コンセプトやイメージがハッキリ決まっている場合は、それに合わせて提案を行って行きます。
その一方で、コンセプトは決まっていても、具体的なイメージまで決まっていないと言う場合もあるかと思います。
「可愛い感じのイメージです。」と言う抽象的な情報だけで進めるのは危険です。可愛いと一口に言っても人によって価値観は違いますし、テイストも沢山ありますよね。
企画側とデザイン側で共通のイメージが出来ていないと、いくらデザインを提案しても「イメージと違う…」となってしまい、修正や作り直しが多発するので非効率的です。
そういう時は、もっと具体的な情報を企画側に確認して下さい。
ネット検索でイメージに近い物を探すなどして、プロジェクトメンバーみんなで共有できると認識の相違が軽減できます。


02.アイディアを考える

どんなマスコットキャラクターにするか、アイディアを考えます。
いきなりラフを描いても良いのですが、テキストで箇条書きするのも良いですよ。

アイディアを考える時のポイントは、常にサービスのコンセプトやイメージを意識する事です。
これを行う事で、自然と整合性の取れたキャラクターを作ることが出来ます。

例えば、スポーツ関連のアプリのマスコットキャラクターであれば、スポーツと言う特徴から「スポーツの種類に合わせて、色々なポーズが出来ると汎用性がある」と考えられます。
この事から「手足が長い方がポーズを付けやすいな」「等身は低すぎない方がいいな」など連想する事で、デザインの方向性を決める事が出来ます。

モチーフの選択、ビジュアルやデフォルメのバランスなど、デザインを考える上でも作りやすくなります。
キャラクターありきになって迷走したり、悩んで手が止まってしまった時は、改めてコンセプトを見直してみて下さい。


03.ラフを描く

それでは実際にラフを描いていきます。
今回は例として、「求人アプリのマスコットキャラクター」を作っていきたいと思います。
あくまで一例ですので、状況によって工数など様々かと思いますので、考え方の参考にご覧ください。

企画側から下記のようなコンセプトやイメージを貰いました。

上記を元に、まずはデザインの方向性を決めます。
貰った情報から、「仕事が見つかる=目が良い、探すのが得意」「堅実=真面目、やる気、働き者」「ゆるさ」「特徴的なロゴを活かそう」と言うデザインの方向性を決めました。
そこから思いつくアイディアを沢山描いていきます。今回はポーズ違いなども含めて、約90個ほどのラフを描きました。

約90個の案の中からいくつか候補をまとめて企画側にプレゼンした所、最終候補として2つ残りました。
フクロウと蜂です。どちらのキャラクターも、先ほど決めたデザインの方向性を取り入れたデザインにしています。

候補が2つまで絞れたら、更にラフを描きます。
デザインの修正や、ポーズのパターンなどを増やしていきます。
企画側から「もっとこうして欲しい」など指示がある場合も多いかと思いますので、その要素も取り入れつつデザインを行います。

今回は「フクロウは、バイトをしている姿などのポーズ違いが見たい」「蜂は、手足の関節が生々しいのでもっとデフォルメして欲しい」と言う指示があったので、そのようにラフを描きました。

このように何度かラフを描いたり直したりして、最終的に「フクロウ」のアイディアが採用されました。


04.描き起こす

IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使い、ラフを描き起こします。今回はIllustratorを使いました。

描き起こす段階でキャラクターのテイストを詰めていきましょう。
ラフの段階でテイストを確認してもいいのですが、その際はあくまで方向性レベルに留めて下さい。
ラフの段階でガチガチに決めても、いざ描き起こした後で「思っていたのと違う…」となる場合があるからです。
ガチガチに決めたばかりに修正がしづらかったり、最悪1から作り直しになる可能性もあります。

テイストを変えつつ、描き起こした物が下記になります。

アウトラインの正確さや左右のバランスを変えることで「ゆるさ」の強弱を付けることが出来ます。
また同じラフから描き起こした物でも、アウトラインの線の有無で異なる雰囲気にすることが出来ます。
線がハッキリしていると、見やすく力強い印象にすることが出来ます。シチュエーションや媒体を問わない汎用性の高い表現方法です。
線を薄くしたり、なくした場合は、ナチュラルで優しい印象にすることが出来ます。ナチュラル系のサービスはもちろん、難しい・怖い印象を払拭したいサービスで運用するのも有効な表現方法です。

企画側に都度確認しながら調整を行い、最終的に下記のテイストに決まりました。
決まったテイストを元に、パターンも描き起こします。

これで、マスコットキャラクターの作成は完了です!


おわりに

いかがでしたでしょうか?
難しく考えず、まずはアイディアを出すことから始めてみて下さい。
ぜひ、サービスにピッタリなマスコットキャラクターを作って下さいね!

それではまた!デジマースのコンでした。

Pocket