Adobe Colorを使ってセンスのいい配色を学ぼう【デザイン・資料作成】

Pocket

こんにちは、藻です。

デザイナーもノンデザイナーも絶対悩んだことのあるであろう「配色」。かく言うWebデザイナーである私も、昔は配色がかなり苦手でした。今でもデザイン中にぐるぐる悩みがちですし、どういう風にすればさっぱりともなります。
さらに言えば色さえよければなんでもある程度よい感じに見えるという偏見を個人として持っているのでなんていうかもう…

こうなってます。しかし現代はとにかく便利です。気軽におしゃれかつセンスの良い配色アイデアを収集できます。
そこでこんな悩みを解決するべく、今回はAdobeの提供するサイト、Adobe Colorのご紹介です。
参考にするだけでかなり整った色使いをすることができます!なにより見ているだけでトレンドのカラーを押さえたりと勉強になります。
デザインやUIに組み込むのはもちろんパワーポイントなどの資料で使うのもかなりおすすめです!たとえば…

同じ図でも印象が変わりますよね。左は原色でとりあえず作ったもので、右はAdobe Colorのパレットを参考にしたものです。


Adobe Colorとは?

公式サイトはここ!→https://color.adobe.com/ja/create/color-wheel
Adobeの提供するWebサービスで、コミュニティに参加しているデザイナーたちが、各々が作成したカラーやテーマを公開と共有をしています!
さらに無料で使用できます。写真からパレットを作成したりなんかもできちゃうのですが、今回は配色を学ぶこと・アイデア収集を中心にご紹介していきます。


テーマを検索しよう

まず、ページに飛んでヘッダー部分から「探索」を選びます。

あとは検索サイトさながらにキーワードを入れて調べるだけです。
たとえば「夏」で調べると夏らしい写真やデザインのカラーパレットがずらっと出てきます。
検索してでてきたサムネイルをクリックするとこのように様々な形式でカラーパレットを保存することができます。

今回は「夏」で出てきたカラーパレットをjpegで保存して並べてみました。夏っぽくてかわいらしいパレットを一気に見ることができました!

ここから自分がどういう夏のイメージにしたいのか?など考えていきやすいですね。カラーコードも表示されているので試作もしやすいです。


トレンドについて知ってみよう

でもって、今どういう感じのが流行っているんだ?Adobeの一押しとかあるのか?と思ったときは、ヘッダーから「トレンド」を選択してみましょう。

画像にも書いてはありますが、BehanceやAdobe Stockといったクリエイティブコミュニティからの様々な業界の最新のカラートレンドがピックアップして紹介されています!
この画面ではファッション界の流行カラーの紹介ですが、グラフィックデザイン、イラスト、建築、ゲームデザインなどなど広い範囲でのトレンドをここを開くだけでチェックできます。もちろんパレットも見れます。詰まった際はぜひ参考にしてみたいところです。


【おまけ】Adobeソフトで使ってみる

Adobe ColorはCreative Cloudの一部のため、カラーテーマをアドビのアプリ(IllustratorやPhotoshopなど)で、Creative CloudライブラリまたはAdobe Colorオンラインサービスを介して利用することができます。
早速さきほどと同じ工程で保存画面まで行き、「ライブラリへ追加」を選びましょう。

AdobeにログインさえしていればこれだけでCreative Cloudに保存することができました!
さて、次はIllustratorを起動しCCライブラリの項目を見ると…

もう、すぐに使えるようになってます。テーマごとスウォッチに入れられるのも便利ですよね。
PowerPointなどAdobeアプリ以外で使う場合はjpegで保存してスポイトでカラーをテーマとして登録していくのが早いかと思います!


おわりに

デザインの際に配色というのはやはりつきものです。それは必ずしもデザイナーでなくても、資料を作成したりデザイナーに要望を出したりなどなど、様々なシーンがあるかと思います。しかしこれは自論にはなってしまいますが、慣れないうちや考えるだけではうまくできないものです。ぜひ参考になるサイトを知っていたり、アイデア収集のきっかけとして頭に入れて、見ておくだけでもかなり学びになり、センスを養っていけると思います。

おしゃれな資料やグラフィック、制作物を作ってぜひ楽しいデザインライフをお過ごしくださいね。

Pocket