デザイナーとクライアントが円滑に依頼のやりとりを始めるには

デザイナーとクライアントが円滑に依頼のやりとりを始めるには

Pocket

こんにちは、藻です。
今回のテーマは 「デザイナーとクライアントが円滑に依頼のやりとりを始めるには」です。

バナー業務を中心に最近はUIデザインなど業務の幅が広がってきました。
その中でこのように依頼・案件を進めるとスムーズだ…!と気づいた点がいくつかございました。
デザイナー側ももちろん、クライアント側も「こう依頼したらいいのか!」など参考にしてみてくださいね。

ずばり最初にお伝えしますが、必要なのはこの5つです。

今回はこれらのポイントに沿ってご紹介します!


1.締切をはじめに提示する。

お互いに「これいつまでだ…?」と認識にずれがあるとなかなか効率よく進みません。お互いに余裕かな…と思っていたらぎりぎりという可能性もあります。
クライアント側はまず締切を提示し、デザイナー側はその締切までで可能かを確認してゴールを設定します。また、複雑な依頼の場合は締切自体もこまめに作成していると良いです。
たとえばロゴ制作であれば

といった具合の分け方です。これでお互いに確認しつつ安心して進めることができます。

2.参考画像を共有する。

作り始める前に、イメージする雰囲気の画像があれば、双方で可能な限り複数共有します。
色のイメージのみでも、テイストでも構いません。
このあたりの〇〇を!など指定しておくと完成した際にイメージとの大きなずれが発生しにくいです。イメージする広告もあるとなおスムーズかと思われます(パクリにはならないよう注意…)。

3.使用したいカラー・テーマカラーを決めて共有する。

ひとまず1色は決まっているとイメージを考えやすいです。カラーコードでこの辺の色味!などがあればコードごと送ってしまえば間違いはありません。写真の色味でもいいかもしれませんね。
例えば、「青緑」を使って作成していく場合もこのように伝えるとイメージの共有が確かになります。

言い方は同じでも想像しているカラーリングの雰囲気がまったく違うということも起こりがちです。テイスト自体も変わってしまうことが考えられるため意識していきたいです。

余談ですが、配色に困った際のおすすめはAdobeの出しているAdobe Color CCというWebサイトです。コミュニティに参加しているデザイナーたちが、各々が作成したカラーやテーマを公開・共有しているため、アイデアとして見るのにかなり便利です。

4.入れてほしい文言・イメージなどがある場合は共有する。

デザイナー側がクライアント側の望む範囲まで理解ができていることがもちろん一番ではありますが、
必ずしも深く理解しきれていないこともあります。
デザイナー側はわからないことがあればはじめのうちに聞き、ビジョンを明確にする必要があります。
進めてから理解できていない箇所があると進行の遅れはもちろん、デザインにもずれが出てきます。
クライアント側もこれは確実に入っていてほしい…という内容があれば先に伝えるとお互いに修正を減らすことができます。

5.デザイナー側からも提案をする。

クライアントの要望に沿うことはもちろんですが、イメージを崩さないでこうした方がいいな…と依頼を受けた時点でデザイナー側が思うこともあるはずです。
その際はクライアントの要望に沿ったものにプラスして、簡単にでもはじめから別案をお送りしてみるのも良いです。あくまで簡単であることが重要で、必要以上に固めてしまうのはおすすめしません。
必ず元の案自体を消さないように注意してください。
基本的に完全にいらない!となるまではアートボードを追加するなどで対応し、いつでもやり直しや修正ができるよう備えておくことで素早く対応ができます。

※完成してからではなく、途中経過は必ず送ることを薦めます。
お互いに満足がいくようなコミュニケーションを取ることで、よりよいものが作れるはずです。


おわりに

この5点を押さえると、かなり依頼に使う要素がまとまるはずです。
重要なのはある程度の融通を利かせるのは大事ですが、お任せで作らないということです。
具体的なイメージを持ち、共有していればそれだけクライアント側もデザイン側も望んだものが製作できます。
とにかく依頼のやりとりでは抽象表現を避けることがおすすめです。後からやっぱりこんなはずじゃなかった…と修正が多くなればなるほどに、両者に負担が掛かる上に時間も掛かってしまいます。
はじめのうちから決められるところは決めてやりとりを進められるといいですね(*^_^*)

Pocket