オンラインイベントのメリットとデメリット

はじめてのオンラインイベント|メリットとデメリット

Pocket

こんにちは!今回のテーマは「はじめてのオンラインイベント|メリットとデメリット」です。
オンラインイベントの種類は、企業が行う真面目なWebセミナーから友人との気軽なオンライン飲み会まで様々です。それぞれの運用方法の違いやメリット・デメリットについてユーザビリティの観点でまとめました。

コロナ禍によりオンラインで行うイベントが急速に普及しました。
動画配信と言う形は同じでも、イベントごとに細かい仕様に違いがあり、実際に参加してみると思った以上に色々なやり方があるんだと驚きました。
今回の記事では、そんなオンラインイベントの仕様の基礎+ワンポイントについてもまとめてみました。


オンラインイベントとは

オンラインイベントと一口に言っても様々な種類がありますよね。Webセミナー、ウェビナー、オンラインセミナー、オンラインライブ、Web会議、Web面接など。
身内に限定して私的に行うのがオンライン飲み会に当たります。

このように言い方は沢山ありますが内容はどれもほぼ同じで、インターネット上で動画を配信したり、それによってコミュニケーションを取ることを指します。
特にコミュニケーションを取るオンラインイベントの場合、企業によっては様々な機能を用意して参加者が有意義な時間を過ごせるよう工夫されています。


オンラインイベントの特徴

まずはオンラインイベントの基礎的な特徴についてお話ししたいと思います。
特徴は大きく分けて3つあり、「集客の拡大」「コスト削減」「リード(見込み顧客)の獲得」です。

集客の拡大

インターネット環境さえ揃っていれば、エリアに縛られず誰でも参加する事が出来ます。
特定の会場に行かなければならないオフラインイベントだと他県や遠方に住んでいる人が参加し辛いデメリットがありましたが、その問題を払拭することができます。

また、会場のキャパシティに縛られることもないためより多くの人に参加してもらうことが出来ます。
アーティストのライブで言えば、これまでは会場の広さの都合で人数を制限したりチケットの抽選をしなければいけませんでしたがその必要がなくなります。
ファンクラブ会員だけでなく、参加したい人全員がライブを視聴することも可能になりました。

コスト削減

リアルイベントを行う時に必要な会場費・交通費が必要ないので大幅なコスト削減になります。
また、会場の設備や印刷物、常駐するスタッフの金銭と時間のコストも削減出来ます。

ネットワーク環境とPCとカメラとマイクの4つが揃っていれば十分です。
もっと設備を絞ろうと思えば、ネット環境とスマホさえあればオンラインイベントの開催・参加が可能です。

リード(見込み顧客)の獲得

興味関心度の高い、目的意識の高い人たちの間で配信・視聴が出来るため、リード(見込み顧客)が獲得しやすい点が上げられます。
あらかじめ興味を持って参加してもらえる他、参加のしやすさから幅広いエリアの多くの人々に知ってもらうことが出来ます。
敷居の低さで言えば、リアルイベント以上に顧客獲得のチャンスが生まれます。


配信方法の種類

オンラインイベントの配信方法は2つあり、「ライブ配信」と「オンデマンド配信」です。

ライブ配信

ライブ配信とは、開催中のイベントをリアルタイムで配信する方法です。
メリットは、映像やチャット・アンケート機能を使ってコミュニケーションを取ることが出来る点です。視聴者の反応や疑問点をリアルタイムで確認しながら進行できます。

デメリットは、参加者それぞれの通信環境による影響が大きい点です。
参加者が電波の悪い場所でライブ配信を見ようとすると、映像が途切れたりまったく映らなくなることもあります。
主催者側で改善できる部分ではないため、解決策としては、通信環境に関する事前の注意喚起を行い参加者に最低限の通信環境を整えてもらうことが大切です。

ライブ配信に適したイベント
  • 説明会
  • 研修
  • セミナー
  • ライブコンサート
  • オンデマンド配信

    オンデマンド配信とは、事前に動画をサーバにアップロードしておき、視聴者の任意のタイミングで見られるようにする方法です。
    メリットは、繰り返し配信・視聴することが出来ることです。
    研修などで同じ講義を繰り返す場合、一度撮影してしまえば繰り返し使えるため人件費や時間の節約になります。また、配信後にもう一度見たいと思った時にすぐ復習することが出来ます。

    デメリットは一方通行になりやすい部分があることです。
    長々と一方的に喋る動画にならないように内容を簡潔にまとめたり、編集で動画を分かりやすくまとめておく必要があります。

    オンデマンド配信に適したイベント
  • 研修
  • セミナー
  • 講義

  • オンラインイベントのワンポイント

    オンラインイベントで実際に使用されているワンポイント機能を、ライブ配信とオンデマンド配信に分けて紹介したいと思います。
    極端なことを言ってしまうと無くても良いのですが、あるとよりUXが充実する機能となっています。

    ライブ配信

    ■チャット

    オンラインイベントのチャット機能

    参加者がリアルタイムに疑問や感想を伝えることが出来るので、臨場感や参加してる感が生まれます。
    その場で臨機応変な対応が出来るので、疑問に答えたりプラスアルファなお話しをすることが可能です。
    また、顔を出さずに気軽にコメントを打ち込めるので、より活発なコミュニケーションが期待できます。

    ■アンケート

    オンラインイベントのアンケート機能

    アンケートや質問をしたい時にラジオボタンなどの選択肢を出すことで、参加者から回答を得ることが出来ます。
    主催者側の一方通行になりがちな場面でも、双方向からアクションが起こせるので、リアルな体験と情報が得られます。

    ■アクション・アバター

    オンラインイベントのアクション・アバター機能

    コンサートなどエンターテインメント性の強いイベントの場合は、アクションやアバター機能があるとUXが高まります。
    〇〇を応援したい、一緒に会場を盛り上げたい、一体感を感じたい、と言う参加者の気持ちを補うことが出来ます。
    参加者の感情を表すアクション機能や、アバターをオンラインの会場に配置出来るようにすることで、リアルイベントに勝るとも劣らない体験が得られます。

    特殊なアクションやアバターのカスタマイズ要素が課金要素にすることで、収益化も計れます。

    オンデマンド配信

    ■ポータルサイト(見返す時の導線)

    視聴者が後々動画を見返す際の導線をしっかり確保する必要があります。
    ポータルサイトを用意したり、YouTubeにアカウントを作っておくケースもあります。
    また、URLをメールで送ったりサイトのブックマークを推奨するなど、主催者側から連絡しておいても良いです。

    ■タイムスケジュール

    事前に用意している動画とは言え、タイムスケジュールを組んで順次公開する、と言う方法もあります。
    配信する動画数が多い場合のみ有効な方法ですが、参加者が自分で視聴したい動画を選ぶことが出来るので、イベント性が高まります。
    大型イベントの場合、タイムスケジュールを組むことで視聴者が分散するので、アクセスが集中してサーバーが混雑する事態を防ぐことも出来ます。


    おわりに

    いかがでしたでしょうか?
    オンラインイベントはメリットも多く感じる反面、やっぱり対面で話したい、もっとこうだったらな…と感じる部分もあります。

    特にライブ配信型のオンラインイベントは、コミュニケーションの取り方などこれからも大きく進化していくと思います。
    今から沢山のオンラインイベントに参加して進化の過程を見ていくのも面白いのではないでしょうか!

    それではまた!デジマースのコンでした。

    Pocket