和風柄パターン 4.七宝つなぎ(線ver/塗ver)

Pocket

4.七宝つなぎ(線ver/塗ver)


柄の意味
四方のどの方向にも永遠に続き,縁起のよいことから、「四方」→「しっぽう」→「七宝」と呼ぶようになった。
円(縁)が繋がり続けていることから、円満や調和などの願いが込められている。

作り方(線ver)

※説明がしやすいようにある程度のサイズや色を決めております。

【1】150px(色ff99cf)の丸→淵幅2px/塗なし
を用意します。実はこれでもう準備OKです。
【2】作成した素材をスウォッチに登録します。
オブジェクトを全選択し[スウォッチ(なければウィンドウから表示)]にドラッグします。

【3】スウォッチに登録したものをダブルクリックし、スウォッチオプションを開きます。


        

作り方(塗ver)

※説明がしやすいようにある程度のサイズや色を決めております。

【1】150px(色ff99cf)の塗りあり、淵なしの丸を用意します。
【2】[Ctrl+K(環境設定→一般)]で150を入力します。
・オブジェクトを選択し[Alt+→(右矢印)]で複製。
・複製したオブジェクトを選択し[Alt+↓(下矢印)]で複製。
・さらに複製したオブジェクトを選択し[Alt+←(左矢印)]で複製。
※オブジェクト同士が並んで複製されればやり方は何でもOK

【3】[Ctrl+K(環境設定→一般)]で半分の75を入力します。
・どれか1つオブジェクトを選択し、4つの丸の真ん中に来るように1つ複製します。

【4】[パスファインダー→切り抜き)]をします。
この時、真ん中の図形が一番上に来るように重ね順を調整してください。

【5】作成した素材をスウォッチに登録します。
オブジェクトを全選択し[スウォッチ(なければウィンドウから表示)]にドラッグします。

【6】スウォッチに登録したものをダブルクリックし、スウォッチオプションを開きます。


→戻って他の柄を見る


Pocket