挿絵イラストを作成するときのポイント

Pocket

資料、チラシ、広告などなど、内容をよりイメージしやすくするために、挿絵イラストを使用することがありますよね。
現在では多くの商用フリーイラストがあり、気兼ねなく誰でも使用することができます。
その一方で、「このイラスト見たことある」「○○の所のだ」「イラストがかぶってしまった」となることも少なくはありません。
特にイラストの種類が豊富であれば尚更多くの人が使用するわけですから、当然仕方のないことです。
ですが、提供してくれている方がいるから使用できていることは忘れてはいけませんね。

そこで、挿絵イラストを自分で作成してみてはいかがでしょう!
自分で作成することで、より内容に適したもの、他との差別化がしやすくなるかもしれません。
では、挿絵イラストを自分で作成するときはどうすれば良いのか、私の見解ですが作成するときのポイントを書いていきたいと思います!

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

point1.万人受け

挿絵イラストの前提として、「文章の補完、内容イメージの促進」があります。つまり見る人に、より理解してもらう為の手段の1つというわけですね。
また、挿絵はこうでなければいけないという様な決まりはありませんので多種多様なものを見かけます。

資料、チラシ、広告などによって挿絵のイメージ(絵のタッチ等)が異なることはもちろん、各々の内容に合ったものを使用する事が望ましいですよね。
その中でも共通して言えることは見る人を選ばない万人受けのものをなるべく使用することです。

※内容等、ターゲット層による場合がございます。

「なぜ、見る人を選ばない万人受けのものが良いの?」
「あくまでも挿絵イラストは“補助的な役割”であることを念頭に」

個人的な制作物であればさほど気にしなくても良いかもしれませんが、多くの人が見る可能性があるのであればそれぞれ思うこと、受ける印象は異なるので見てくれる人、出来る限り全員に伝わる様に最低限の配慮が必要です。

Aの方は大きな特徴もなく「小学生が楽しそうにしている」感を自然と後押ししてくれる印象を受けます。
Bの方は楽しそうにしている感は伝わるものの個性が強く、「小学1年生の遠足」という内容にはあっていない印象を受けますね。

挿絵を見た時に深く考えず、スルー出来るくらいの存在感がちょうど良いのではないでしょうか。

point2.シンプル化

多くの人が受け入れやすいイラストを一言でいうと基本的にシンプルなものと考えています。
シンプルなものは必要最低限の情報で構成されているため、誰がみても分かりやすく理解しやすい傾向があります。

■情報量が多い

それでは情報量が多いイラストはいかがでしょうか。
ほとんどのイラストは描きこめば描きこむほど複雑化していき、情報量が多くなることで個性が強くなっていきます。
(情報量が多くなることが悪いというわけではございません。)
見る人に考えさせる要素は極力抑えた方が、万人に受け入れてもらいやすいのではと考えます。

■目立つ特徴:指さしマークの場合

下記のイラストA、Bを見るとお分かりかと思いますが必要最低限、手と分かる範囲で描かれています。

そんななかBの方を見るとネイルが施されており、描きこみが少ないにもかかわらず、目立つ特徴があるため個性を強くする要因になっています。

一般的な指さしマークを考えた時に、爪にネイルをしているものはあまり想像しませんよね。
もしくは軽く爪が描かれている程度ですね。

※ネイルを扱うところであれば例外ですが…

情報量の多いもの、目立つ特徴を持つものは見る人を選んでしまうことがあるため、描きこみという名の情報量を抑えシンプルに、かつ明快にまとめられるかが重要ではないでしょうか。

また、個性が強くなるにつれてそのイラストに対する好き嫌いなどの感情が出やすくなる傾向があります。

point3.色、模様

特に色や模様(柄)に注力する必要が無い場合は、細かく表現しない方が情報量が少なくなり、見やすくなります。
例えば、白黒で使用されるものであれば、色が必要ない場合もありますし、色や模様よってはイラストがつぶれてしまったりすることも考えられます。

着色の仕方ひとつでイメージが大きく変化するため、あくまでもそれがなんであるかがわかる程度で表現をしてあげることをお勧めします。
特殊な着色の仕方を行うだけで、一見シンプルなイラストも個性を持ち存在感を放ち始めます。
どんな内容、ターゲット、公か私的かを見極めたうえで、適切なものを用意しましょう。

まとめ

■挿絵イラストは“補助的な役割”であることを念頭に
■見る人を選ばない万人受けを心掛ける
■挿絵を見た時に深く考えずスルー出来るくらいの存在感
■イラストの線の情報量は少なく
■色味、模様は必要最低限極力抑える
■白黒の場合はメリハリをつけてイラストを見やすく

自分がこれが好きだからという思想は一旦しまい込み、その内容に合うものを選定することが大切です。
補助的な役割である挿絵が「内容にあってないよね」と思われてしまったら元も子もありませんよね;
また、時には情報量の多いものや個性が強いもの等、内容やターゲットによっては相乗効果をもたらすこともあります。
作成するときには何に対する挿絵なのかをしっかり把握しましょう。

次回もデザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければと思います。それでは、またお会いしましょう!
wrote:スガ

Pocket