デザインのコントラスト

こんにちは!今回のテーマは「デザインのコントラスト」です。
デザインのコントラストとは何なのか、意味や種類についてお話していきたいと思います!

コントラストとは

ここで言うコントラストとは、簡単に言うと「メリハリ」のことです。 read more

押せる画像・ボタンについて考えてみる

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

▼押せる画像・ボタン①

サイト内で画像やボタンを押す際に分かり辛くて、踏みとどまったり、探したりしたことはありませんか?
さて今回はそんな画像やボタンをどうしたらユーザーへ認識してもらいやすくなるか、改めて考えていきたいと思います。 read more

UIと配色

配色とは、2色以上の色を組み合わせ、配置および構成をする事です。 UIデザインでは、どのような配色を行うのかによって、使用感やユーザーに与える印象が大きく変化します。といってもUIデザインに限りませんが…。 色の扱い方はとても奥が深く、国や地域によって色に対するイメージは変わります。また、組み合わせ方は数え切れないため一言で配色について語りきる事はできません。一言でなくとも語りきれないと思います。 今回はよりカテゴリを絞り、色は色でもUIデザインにおける色(配色)のポイントについていくつかご紹介致します。

70% 25% 5%の配色

UIに使用する色数の目安は3色です。3色以上にする事が間違いと言うわけではありませんが、色数を増やしすぎると、どこを強調しているのか、どこに触れる事ができるのかなどが伝わりにくくなり、情報が整理されていないような見づらいUIになってしまいます。
しかし、色数を押さえたからといって適切に配色ができているわけではありません、使用する量も重要になります。UIにおいて実際に3色をどのようにして選び、使用するのかということは「70・25・5の法則」を意識すると選びやすくなります。70・25・5の配色はベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%にする配色法です。ちなみにこの「70・25・5」の考え方はwebデザインでは基本とされている配色方法です。 read more

デザインでグループを作ろう!

こんにちは!今回のテーマは「デザインでグループを作ろう!」です。
デザインでグループを作るとは何か、どのような時に使うのかお話していきたいと思います。

デザインでグループを作る

デザインでグループを作るとは、「情報をグループ化すること」です。
関連する情報は近くに、関連しない情報は離すなどして、項目や特定の意味ごとにグループを作ります。
こうすることで視覚的に見やすく、わかりやすくすることが出来ます。 read more

速度制限でもストレスのないWEBページ

現在主流の4G通信回線の実行速度は、
15Mbps(15,000kbps)程度といわれています(規格上は150Mbps~225Mbps)。
※「bps」=バイト・パー・セカンド/1秒間に受け取れるデータ量

そんな中、利用者は、契約ギガバイト数を超過すると厳しい速度制限を受けることになりますが、その「128kbps制限」を体験している利用者は65%程度いる様ですので見過ごせません。
※『スマートフォンに関する意識調査』NTTコミュニケーションズ調べ read more

デザインと錯視

ロゴやフォント、イラストなどの大きさ・長さ・色・角度は、特定の条件が重なると、想定していた見え方と実際の見え方とで異なった見え方をする事があります。これを「錯視」と呼びます。いわゆる“目の錯覚”です。

デザインを行う前にはある程度錯視を理解しておく必要があります、なぜなら数値上は同じ位置・同じ間隔で揃えていても、実際に目で見て確認すると、錯視により同じ間隔ではないように見えてしまったり、ある要素だけが小さく見えてしまうという事が起きるからです。“なぜこの見え方になるのか”を知っておく事で錯視が起きた場合の修正をスムーズに行うことができます。今回はそんな錯視についてご紹介いたします。 read more

サイト内で迷子にさせないために

サイトに遊びに行ったときに迷子になったことはありませんか?
迷子になってしまうとユーザー本人もせっかく訪問したのに目的が達成し辛くなり、しまいにはサイトを離れてしまいます。
提供側もせっかく訪問してくれたユーザーを離脱させてしまう事はとても勿体ないことです。
では、どういった状況でそのような事が生まれてしまうのでしょうか、改めて考えていきたいと思います。 read more

ユーザーを混乱させないUIとは

アプリを使用するとき、皆さんは操作に関してストレスなく使用できていますか?あえて説明を聞かなくても、「これは押せる」「これを押せば戻る」など理解できていますか? 普段アプリを使用している方なら、チュートリアルを確認したり説明を聞かずとも「これは押せるな」と、“ある程度予想ができ”スムーズな操作ができるはずです。 実はこの“ある程度予想できる”というのはユーザーの使用経験が豊富というだけではなく“ある程度予想できる”ように設計されているからなのです。 UIでユーザーが混乱してしまう場面は様々です。目的の機能が見つからない、操作方法がわからない、表示されているアイコンの意味がわからないなど、書き出したらキリがないほどあります。 今回は色使い、エフェクト、位置でユーザーを混乱させないための方法をご紹介いたします。

ユーザーを混乱させないためには…

UIでユーザーを混乱させないためには、デザインのルールを決めサービス内で統一する事が必要です。UIデザインでは、色使い、エフェクト、レイアウトなどサービスを通して統一させる必要があります。 read more