プロトタイピングの活用

スマホ市場も成熟期に入り、コンテンツ配信では競合も多く、
サービスの運営に不安を感じることが多くなっていると感じます。
そんな状況はサービス設計についても従来の設計から変革が必要となってきており、
コンセプトやターゲティング、ビジネスモデル構築に十分な時間をかけて設計を進めるリスクを避ける、迅速な発想の商品化が求められてきています。 read more

スマホが変化させたあなたの利用シーン

スマートフォン(以下スマホ)の登場により、
あらゆるアクションが場所を選ばず行えるようになりました。
(ある程度の許容は必要ですが)

行動必需品と化したスマホですが、
スマホの無い日々を想像してみて下さい。 read more

スマホが速度制限でもストレスのないWEBページについて

現在主流の4G通信回線の実行速度は、
15Mbps(15,000kbps)程度といわれています(規格上は150Mbps~225Mbps)。
※「bps」=バイト・パー・セカンド/1秒間に受け取れるデータ量

そんな中、利用者は、契約ギガバイト数を超過すると厳しい速度制限を受けることになりますが、その「128kbps制限」を体験している利用者は65%程度いる様ですので見過ごせません。
※『スマートフォンに関する意識調査』NTTコミュニケーションズ調べ read more

注意が必要なカルーセルバナーとユーザビリティーのポイント

カルーセルとは?

カルーセル[carousel](バナー/パネル/スライド)とは、
複数画像を左右にスライドさせることで表示させる展開(回転)構造を持ったWebコンポーネントです。


スマートフォンが登場した黎明期から、
カルーセルはナレッジと予見が必要な敷居の高い機能であった為、PC/スマフォでの使用には賛否がありました。
特に最終スライドまでの認知は、構造上少なくなっていく傾向は止むを得ません。 read more

Apple Pencilに欠かせない120Hzの画面リフレッシュレートとUX

私たちが普段眺めているスマホやタブレットの画面ですが、
実は、操作してない時でも頻繁に画面を書き換えています。

画面を書き換え(⇒リフレッシュ)しているということは、
常に貴重なバッテリーを消費しているので、その部分だけ聞くとエコではありません。 read more

[必然的な利用シーン]環境/需要との接触

あなたが関わっているサービスの、UX設計上の「利用シーン」はどんな状況でしょう。

「テレビで聴いた楽曲を購入したくなったとき」など唐突にサービスを使用している場面が多いと思われますが、
初めてサービスに接触する「その時」の環境と需要を意識出来ていることが重要です。

と、さすがにこんな具体性なく都合よくあなたの関わるサービスを見つけ使ってくれる状況は、そこまでに至る過程を省きすぎだと理解いただけるとは思います。 read more

UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈してスケジュール立てしてみる

ユーザー・エクスペリエンス(以下UX)の概念を解説されても、具体的に日々の業務に何がどう関係していて、どう進めるのか行動に結びつかないものですよね。
また、何とか概念を理解出来ても環境や開発体制、会社の文化などによって導入が難しかったりする場合が多いのではないでしょうか。
厄介ですねぇ。 read more