サイト内で迷子にさせないために

サイトに遊びに行ったときに迷子になったことはありませんか?
迷子になってしまうとユーザー本人もせっかく訪問したのに目的が達成し辛くなり、しまいにはサイトを離れてしまいます。
提供側もせっかく訪問してくれたユーザーを離脱させてしまう事はとても勿体ないことです。
では、どういった状況でそのような事が生まれてしまうのでしょうか、改めて考えていきたいと思います。 read more

ユーザーを混乱させないUIとは

アプリを使用するとき、皆さんは操作に関してストレスなく使用できていますか?あえて説明を聞かなくても、「これは押せる」「これを押せば戻る」など理解できていますか? 普段アプリを使用している方なら、チュートリアルを確認したり説明を聞かずとも「これは押せるな」と、“ある程度予想ができ”スムーズな操作ができるはずです。 実はこの“ある程度予想できる”というのはユーザーの使用経験が豊富というだけではなく“ある程度予想できる”ように設計されているからなのです。 UIでユーザーが混乱してしまう場面は様々です。目的の機能が見つからない、操作方法がわからない、表示されているアイコンの意味がわからないなど、書き出したらキリがないほどあります。 今回は色使い、エフェクト、位置でユーザーを混乱させないための方法をご紹介いたします。

ユーザーを混乱させないためには…

UIでユーザーを混乱させないためには、デザインのルールを決めサービス内で統一する事が必要です。UIデザインでは、色使い、エフェクト、レイアウトなどサービスを通して統一させる必要があります。 read more

UIとアニメーションの関係②

必要最低限の機能は揃っていてもアニメーションが一つもないアプリケーションがあった場合、機能面では問題がなくともUI/UX的には優れているとは言えません。 もしそのようなアニメーションのないアプリが存在した場合、あらゆる動作は唐突で、自分が現在どのページにいるのか?どのページから何を呼び出したのか?など、全ての動作にストレスが生じます。UIにアニメーションを取り入れる事で表示に順序が生まれ、目で追うことのできない唐突な動きを削ることができます。このようにアニメーションはユーザーとOSの対話をスムーズに行うための重要な役割を担っています。

ここまでは前回の記事でご説明した通りですが、アニメーションの役割はOSとの対話をスムーズにするだけではありません。アニメーションを使用して楽しさを演出することで印象に残るUXにする事が可能です。
例えばSNSでハートの形をしたグレーのいいねボタンがあった場合「押した直後にピンク色に切り替わる」場合と「押した直後にハートの周りにキラキラした光が浮かびハートが動きながらピンク色に切り替わる」場合では、後者の方が印象に残りやすくなります。コレはいいねと言うポジティブな動作に合わせたアニメーションだからです。大げさに言うと動作と感情に合わせたアニメーションだからです。
また、アニメーションはユーザーの楽しいという体験に影響を与えるだけではなく、ネガティブな動作のストレスを和らげたり、ポジティブな印象に変えることができます。視覚的に楽しければ、ユーザーは印象深く質の高いUI/UXと判断するでしょう。 read more

UIとアニメーションの関係

こんにちは、ハラです。モバイルアプリで何気なく見るアニメーション、実は見た目を良くする為だけにあるのではなく、使用時のストレスや違和感をなくし使いやすさや満足感を高めるために使用されています。今回のブログではそんなUIのアニメーションについてご紹介いたします。 read more

ユーザーフレンドリー

こんにちは!
不安定なお天気が続きますね。急に大雨が降ったりするので困ってしまいます。
さっそく新品の靴が濡れてしまいました…みなさんも気をつけて下さいね。
もし靴の買い替えをご検討中の方は梅雨が明けてからの方が良いかもしれませんよ! read more

アイコンデザイン ―おまけ編―

こんにちは!
みなさん、バレンタインはどうお過ごしでしたか?楽しく過ごせましたでしょうか。
普段買わないちょっと良いチョコや、独創的なチョコを見るのが楽しくて、お店の特設コーナーを見かける度につい立ち寄ってしまいました。 read more