注意が必要なカルーセルバナーとユーザビリティーのポイント

カルーセルとは?

カルーセル[carousel](バナー/パネル/スライド)とは、
複数画像を左右にスライドさせることで表示させる展開(回転)構造を持ったWebコンポーネントです。


スマートフォンが登場した黎明期から、
カルーセルはナレッジと予見が必要な敷居の高い機能であった為、PC/スマフォでの使用には賛否がありました。
特に最終スライドまでの認知は、構造上少なくなっていく傾向は止むを得ません。 read more

UIとアニメーションの関係②

必要最低限の機能は揃っていてもアニメーションが一つもないアプリケーションがあった場合、機能面では問題がなくともUI/UX的には優れているとは言えません。 もしそのようなアニメーションのないアプリが存在した場合、あらゆる動作は唐突で、自分が現在どのページにいるのか?どのページから何を呼び出したのか?など、全ての動作にストレスが生じます。UIにアニメーションを取り入れる事で表示に順序が生まれ、目で追うことのできない唐突な動きを削ることができます。このようにアニメーションはユーザーとOSの対話をスムーズに行うための重要な役割を担っています。

ここまでは前回の記事でご説明した通りですが、アニメーションの役割はOSとの対話をスムーズにするだけではありません。アニメーションを使用して楽しさを演出することで印象に残るUXにする事が可能です。
例えばSNSでハートの形をしたグレーのいいねボタンがあった場合「押した直後にピンク色に切り替わる」場合と「押した直後にハートの周りにキラキラした光が浮かびハートが動きながらピンク色に切り替わる」場合では、後者の方が印象に残りやすくなります。コレはいいねと言うポジティブな動作に合わせたアニメーションだからです。大げさに言うと動作と感情に合わせたアニメーションだからです。
また、アニメーションはユーザーの楽しいという体験に影響を与えるだけではなく、ネガティブな動作のストレスを和らげたり、ポジティブな印象に変えることができます。視覚的に楽しければ、ユーザーは印象深く質の高いUI/UXと判断するでしょう。 read more

UIとアニメーションの関係

こんにちは、ハラです。モバイルアプリで何気なく見るアニメーション、実は見た目を良くする為だけにあるのではなく、使用時のストレスや違和感をなくし使いやすさや満足感を高めるために使用されています。今回のブログではそんなUIのアニメーションについてご紹介いたします。 read more

ユーザーフレンドリー

こんにちは!
不安定なお天気が続きますね。急に大雨が降ったりするので困ってしまいます。
さっそく新品の靴が濡れてしまいました…みなさんも気をつけて下さいね。
もし靴の買い替えをご検討中の方は梅雨が明けてからの方が良いかもしれませんよ! read more

アイコンデザイン ―おまけ編―

こんにちは!
みなさん、バレンタインはどうお過ごしでしたか?楽しく過ごせましたでしょうか。
普段買わないちょっと良いチョコや、独創的なチョコを見るのが楽しくて、お店の特設コーナーを見かける度につい立ち寄ってしまいました。 read more

検索について

こんにちは。今回のブログ更新担当のデジマースのはらです。

皆さんはアプリやwebサイトで欲しい商品や見たいコンテンツなどがある時、どのようにして探しますか?「新着」ページや「人気」ページ、あるいは「おすすめ」などから探しますか?
最近流行している商品などは、大抵どのサービスでも目につくように紹介されているので、上記の方法ですぐに見つかるかもしれません。
しかし少し古い商品、あるいはマニアックなコンテンツなどはすぐには見つかりません。そんな時、皆さんはサイト内で何をしますか? おそらく「検索」を行いますよね? 虫眼鏡のアイコンやテキストフィールドを探しますよね?
と、いうことで今回は「検索」について紹介していきたいと思います。 read more

アイコンデザイン ―基礎編―

こんにちは!
みなさんのお住まいの地域は、雪は降りましたでしょうか?
私の地元は冬でもほとんど雪の降らない地域なので、雪と聞いただけでワクワクしてしまいました!

さて、今回のテーマですが、「アイコンデザイン ―基礎編―」についてです。
アイコンを使いたい!作りたい!でもどんなデザインが良いのかわからない…、意見が割れてしまって決まらない…。
そんな時のために、そもそも良いアイコンとは何か?を初心に返ってまとめてみました。 read more

ユーザーとの必然的UIリテラシー(ITリテラシー)格差を縮める為には?

今回は、サービス側とユーザー側のUIリテラシー格差(UI理解力の格差?)について考えてみたのでお付き合いください。

高リテラシー故に陥る危険な考え

生まれて間もなくスマホに触る…ともいえる世の中になりましたが、
機能やUIのリテラシーを高めるには、それなりの年月と経験、趣向が必要です。
また、アクティブ中心層はスマホの普及とともに増加していると思われますが、
全体に目を向けると、一定の初心者層は、いつの時代でも生まれ存在している事実を忘れてはいけません。

そこで問題となるのが、高リテラシー層の専門用語/先進的機能の常用です。
クールで先進的な表現が一見目を引きますが、
多くのユーザーからして見ればコワレモノに触る状態になってしまっているのが現実です。 read more