デザインと錯視

ロゴやフォント、イラストなどの大きさ・長さ・色・角度は、特定の条件が重なると、想定していた見え方と実際の見え方とで異なった見え方をする事があります。これを「錯視」と呼びます。いわゆる“目の錯覚”です。

デザインを行う前にはある程度錯視を理解しておく必要があります、なぜなら数値上は同じ位置・同じ間隔で揃えていても、実際に目で見て確認すると、錯視により同じ間隔ではないように見えてしまったり、ある要素だけが小さく見えてしまうという事が起きるからです。“なぜこの見え方になるのか”を知っておく事で錯視が起きた場合の修正をスムーズに行うことができます。今回はそんな錯視についてご紹介いたします。 read more

カルーセルとユーザビリティー

カルーセルとは?

カルーセル[carousel](バナー/パネル/スライド)とは、
複数画像を左右にスライドさせることで表示させる展開(回転)構造を持ったWebコンポーネントです。


スマートフォンが登場した黎明期から、
カルーセルはナレッジと予見が必要な敷居の高い機能であった為、PC/スマフォでの使用には賛否がありました。
特に最終スライドまでの認知は、構造上少なくなっていく傾向は止むを得ません。 read more

シネマグラフ

シネマグラフってご存知ですか?
映画の何かかなと思ってしまうかもしれないのですが、映画の業績表などではないのです。
私も何かわからなかったため、ちょっと調べてみました!!
何らかの形でデザインにも活かせそうなことがありましたので(私の主観ですが)紹介させて頂きます。 read more

『リフレッシュレート』とUX

私たちが普段眺めているスマホやタブレットの画面ですが、
実は、操作してない時でも頻繁に画面を書き換えています。

画面を書き換え(⇒リフレッシュ)しているということは、
常に貴重なバッテリーを消費しているので、その部分だけ聞くとエコではありません。 read more