手描きイラスト「ふわふわパステル」~byフォトデコレ~

こんにちはもしくはこんばんは!
皆さまゴールデンウィークはどうでしたか?
家族や友達との遠出の旅行や日帰り旅行、またはのんびりお家で過ごされた方もいらっしゃると思います。
写真も普段より沢山撮られた方なんかもいらっしゃるのではないでしょうか♪

さっそくですが今回はそんな思い出の写真をふんわり変身させられるスタンプを使用例と共に紹介したいと思います!
※株式会社デジマースが提供しております写真系ツールフォトデコレの「ふんわりパステル」スタンプになります。

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

▼「ふんわりパステル」

「ふんわりパステル」は手描きですので、写真の被写体の邪魔をせず自然な感じに装飾が出来ます。
メインの写真を主役にしたまま、ふんわり仕上がります。
スタンプ自体がパステル調のため、少し濃いめの部分に装飾するのが良いですね。

▼フォトデコレで配信「ふんわりパステル」

スタンプやコロコロ、フレーム等、ご用意。(計49点)
実際にこれらのスタンプを使用した写真はこちら↓

▼メッセージカードにも!

撮った写真だけでなく、ちょっとしたメッセージカードの装飾にも合います!
―――――洒落たメッセージを送ってみませんか?

手順
①メッセージを書いて写真を撮ります。
※撮るときは余白を空けるのと、なるべく明るくすると装飾がしやすいです。
②『フォトデコレ』内で画像を選択し、まずはフィルターでより自然な
感じに加工をします。
③思うように装飾!
※あくまでも文字がメインなので文字の邪魔にならない様装飾するのがコツです。


手順
①『フォトデコレ』内に白く撮った画像を用意します。
※撮るときは明るく白くなる様にすると良いです。お好みでフィルター加工を。
②テキスト入力と装飾をします。

▼最後に

パステルカラーなのでほんわか装飾が出来ます!
装飾が苦手な人でもカンタンに出来るので是非試してくださいね!

▼『フォトデコレ』は以下で使用できます。
—————————————————————————————————————————–

—————————————————————————————————————————–

▼過去紹介分はこちら

次回もデザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければと思います。
それでは、またお会いしましょう!以上スガでした!

手描きスタンプ~byフォトデコレ~

こんにちはもしくはこんばんは!
デザイン業務に関わっております、デジマースのスガです!
早いもので2017年も2月半ばにさしかかろうとしておりますね。

そして寒さも全国的にピークといったところでしょうか。
毎日ブランケットが欠かせません…!

さっそくですが今回は株式会社デジマースが提供しております写真系ツール「フォトデコレ」の手描きスタンプ特集と作成の流れを共に紹介したいと思います。

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

▼手描き素材

人気ですよね!写真を装飾するのにあるととても便利です。
さらっと描いたようなものから細々と書かれた物など様々ありますが手描きの良いところは写真装飾でいう所、メインの写真を主役にしたまま
何気ないワンポイントを加えられる所です!

▼フォトデコレで配信「手描きスタンプ」


スタンプやフレーム等、白黒反転カラーをご用意。(計62点)

実際にこれらのスタンプを使用した図はこちら↓

▼素材はどうやって?

やり方は様々あるかと思いますが、今回作成にあたり使用した物は以下です。
カンタンに流れを紹介します。ものすごくカンタンです。

・ボールペン
・白い紙
・スマホ(撮影用)
・パソコン(編集用)

①【描く】思うがままに白い紙にイラストを描く。
ここではテーマや個数等を決めておいた方が描きやすいですね。


ボールペンだと描き直しが出来ないのが大変ですね笑

②【パソコンへ取り込む】描いたらパソコンに取り込みますが、
今回はスマホで写真を撮ってパソコンに送ります。
スキャンでも大丈夫ですが画像サイズは大きく取り込んだ方が良いですね。

③【整える】取り込んだイラストの背景抜きや必要サイズへのサイズ変更や
色味の調整を行います。あえて調整しないってのも味があるかもしれません。
※調整部分は割愛致します。

④【完成】※一部

最後に

手描きそのままの素材になりますので、システムチックな固いイメージは受けにくいですね。
イラスト自体もラフっぽくなっていますので、自然な感じが写真とマッチします。
そうです、写真に浮かずさりげなく馴染むところが手描きの強みですね!

いかがでしょうか?
装飾が苦手。不器用なんです。問題ございません!
誰でもカンタンに、写真を華やかに出来ちゃいます!
ちょこっと装飾をしたいときに持って来いの手描き素材。
用途によっては写真以外(メッセージ風等)にも使えるかもしれませんね。
興味のある方は是非使用してみて下さいませ!

▼フォトデコレは以下で使用できます。
—————————————————————

★対応OS

ios、Android対応

auスマートパス / スゴ得コンテンツ / 月額300円(税抜)

⇒「フォトデコレ」で検索!

—————————————————————

次回もデザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければと思います。
それでは、またお会いしましょう!

「dgift」提供開始しました

こんにちは。サービスデザインに関わっている、デジマースのネモトです。
今回は、「デジタルギフトコード」を活用したソリューション
「dgift」をご紹介致します。


「dgift」とは?

2016年8月8日より本格的に開始した「dgift」は、
株式会社デジマースと株式会社ギフティの業務提携により実現したソリューションサービスとなり、
webサイトやスマートフォンのアプリ内で、ユーザーにデジタルギフトコードをインセンティブとして提供することが可能です。

本サービスにおけるインセンティブとは、ユーザーに行動を促す動機となる報酬であり、
dgift内で取り扱う報酬「eギフトサービス(※1)」には、ギフティが運営する「giftee」(※2)で取り扱う、ドリンクやフードなどを入れ替わりで用意しています。

160812_01

付与シーンについて

デジタルギフトコードがユーザーに付与されるシーンには、
管理機能の利用により、
「サービス入会時」「アプリのインストール時」の他、
「特定のレベルに達成したタイミング」など様々なシーンを自由に設定することが出来ます。
また、特定確率の設定も可能で、全ユーザー対象にプレゼントキャンペーンを行うことも可能となっています。

導入メリット

何よりの特徴として、
扱いに注意が必要な「個人情報管理」が不要な部分が挙げられ、
ユーザー情報を取得することなくデジタルギフトコードを配布出来る他、
同一ユーザーへのギフトコード重複配布を防止することも可能となってます。

さらに、
「dgift」のシステム導入もタグ設置するだけなので、開発コストも発生せず非常に簡単にサービス開始できます。
導入事例では、なんと継続率が2倍、申込み件数が約120%向上したサービスもあるとのことです。

最後に

「dgift」にはデジマースがこれまで培ったサービス提供とそれに関わるプロモーションの知見を活かし、
普及と推進に向け、あらゆるサービスに対して最適なユーザーの利用動機向上のソリューションを提案していきます。


「dgift(ディーギフト)」概要

名称     : 「dgift(ディーギフト)」
URL      : https://dgift.happy.jp/

特徴:
(1) 豊富な提供シーンの設定が可能
入会やインストール時はもちろん、特定のレベルを達成したタイミング等の様々な提供成果シーンポイントの設定が可能です。

(2) 同じユーザーへのギフトコードの重複配布を防止
重複配布を防止することでコスト削減につながります。

(3) 抽選機能
当選確率の設定をおこない、当たり・はずれを設定できます。これにより、もれなく貰えるプレゼントキャンペーンや抽選のキャンペーンなど様々な用途にお使いいただけます。

(4) 個人情報の取得が不要
サービスやアプリのユーザーに対して、個人情報の取得なく配布できます。個人情報の管理が不要です。

(5) オンラインですぐに発行
ユーザーへギフトコードをオンラインですぐに発行でき、離脱等の機会損失を防ぎます。

(6) 簡単なシステム設定
従来のアフィリエイトのシステム設定と同様、webサイト、スマートフォンアプリ内にタグを設置するだけで利用が開始できます。


詳細はこちらとなります。
https://dgift.happy.jp/

是非ご利用ください!


(※1) eギフトサービスとは、オンライン上でデジタルのギフトチケットを購入して送り、そのチケットを店頭で商品と引き換えることができるサービス。

(※2) 「giftee」とは、ギフティが運営しeギフトを販売するWEBサービスです。取扱ギフトの平均価格は約600円で、100円程度の小額のギフトから2,000円程度のリラクゼーションチケットまで、幅広く商品を揃えています。