家庭用ゲーム機 それぞれの魅力

Pocket

こんにちは!ユイPです。2018年ももう12月…私もブログデビューして丁度1年が経ちました。あっという間ですね~。

さて、みなさんゲームはお好きですか?以前にもゲームに関係した記事を書いた通り、私はゲームが好きです。RPG、アクション、恋愛ゲームなどをよくプレイします。
世界には魅力的なソフトがたくさんありますが、ソフトだけじゃあゲームは出来ない。ゲームをプレイするためのゲーム機、今も昔も色々なタイプのものがありますね。人によって何でプレイするのが好きか、好みも様々だと思います。
今回はそんなゲーム機、中でも家庭用ゲーム機にはどんな特徴があってどんな魅力があるか、考えていきたいと思います!


★個人的な見解も含まれますので、それを踏まえて読んでいただけるとありがたいです。
★「家庭用ゲーム機」がテーマなのでアーケード、スマホ、PCゲームなどについては基本的には触れません。


家庭用ゲーム機は、大きくわけてこの2タイプにわかれます。

据置型

据置型ゲーム機とは、コンピュータゲームが動作する家庭用ゲーム機のうち、テレビと繋いで使用する製品の事を指します。
世界で初めての家庭用ゲーム機が発売されたのは1972年ですが、そのゲーム機は据置型でした。よくゲームの事を「TVゲーム」と称する事もありますし、パッとゲーム機を思い浮かべて1番最初に想像する形は据置のゲーム機な方も多いのではないでしょうか。

据置型は、最初の文の通りテレビと繋いで使用する事です。ではテレビと繋ぐ=据置にはどんな特徴があるかというと…

画面が大きい・画質が綺麗

なんといってもこれですね。もちろん使用するテレビやモニターのサイズや質によりますが…。
大きいTVでグラフィックの綺麗なゲームをやると、圧巻ですよね!映画を観ているような気分で世界観にどっぷり浸る事ができます。
実際にグラフィック重視のゲームは据置用のソフトで発売される事が多いように感じます。現在の主流はS社でしょうか。
プレイしている自分以外の人も画面が見やすいので、実際にプレイするのは苦手だけど見ていたい…!という場合にも適しています。

イケメンだって大画面!

本体とコントローラーが別

本体とコントローラーが別なので、ゲーム画面との距離感はユーザーが自由に決める事が出来ます。最近のものはワイヤレス対応しているので割とどんな格好でも出来ちゃいます。
背筋を伸ばして正座してやるもよし、あぐらをかいてやるもよし、ソファーやクッションにもたれかかってやるもよし!でも大事なシーンやグラフィックがすごいシーンだとついつい前のめりになって見てしまったり…。

映像に合わせてコントローラーが震えたり、自分の手の動きに連動するコントローラーがあったり…ゲームの世界への没入感は据置の醍醐味だと思っています。


他にも、据置機ではブルーレイが見れるものもあったり、映像配信サービスが見れるものがあったり、ゲーム以外の用途にも使うことも出来ます。
ただ持ち運びには適していないので、友達の家に持っていったりするのはまあまあ大変です。コンセントとモニターがなければ出来ないし、学校などでみんなでプレイするのは厳しいですよね。それに家に1台しかTVがない場合「アンタそろそろいい加減にしなさいよ!」なんて家族に止められた経験がある方もいるのではないでしょうか。
そんなシーンにも対応しているのが…

携帯型

携帯型ゲーム機は携帯可能なサイズに小型化された家庭用ゲーム機の事を指します。世界で初めて携帯型ゲーム機が家庭用に発売されたのは1976年です。据置の4年後ですね。
携帯型はその名の通り、携帯する事が出来ます。つまり、魅力は…

いつでもどこでもプレイ出来る

持ち運びが可能なサイズなので、家の中ならリビングに自分の部屋、外でも電車の中に学校に、どこでもプレイする事が可能ですね。
友達同士で持ち寄って通信や対戦!も盛り上がりますよね。例えば某モンスターをハントするゲーム、最新作は据置用ですが、それ以前は携帯機で色んな場所でやっていましたね~。
先ほど据置の部分で「割とどんな格好でもプレイできる」と書きましたが、どうしても出来ない格好が1つありますよね。それは…完全に寝転んだ状態でプレイすること。携帯型はそれが可能です。「今日TVつけるのめんどくさいな~起き上がりたくない~」という方にもぴったりです。私もそのタイプの人間です。

携帯機の画面が暗転した時あるある。

本体に色々な機能がついている

N社の主流の携帯機は画面が2つに分割されています。例えばRPGのゲームで上の画面がフィールド、下の画面がマップやメニューだったりしますね。このスタイルは、いちいちボタンを押してメニューを出したりする手間が省けてとてもいいですよね。
また、携帯機はある時期から「タッチ」の機能がついたものが多くなりました。画面2つのものもそうですし、S社の最新の携帯機(来年出荷が停止になってしまいますが;)も画面と背面をタッチする事が出来ます。それまでゲームはボタンを押してプレイするもの、だったのでタッチ機能は初めて触れた時はとても新鮮だった事を覚えています。発売当時はタッチを活かしたゲームもたくさん発売されましたね!


据置より安価で手に入るので、最初の自分用のゲーム機は携帯型だった!という方も多いのではないでしょうか?
やはり画面サイズが小さい分画質などは多少据置よりは落ちてしまいますが、携帯型向けのソフトにはグラフィック重視というよりもゲーム性重視のものが多いように感じます。それに最新のものは十分に綺麗な画面ですよね。
ただ携帯型はコンセントに直接繋いでいないので、充電なしで永遠にプレイする事は出来ません。持ち運ぶ場合は寝る前にちゃんと充電しましょう。また寝転んでやるのは楽チンですが目にはよろしくないので、座ってある程度距離をとってやった方がいいですね…。

あるあるその②。顔面落下にはご注意。


とまあ、ここまで据置型と携帯型のそれぞれの特徴を紹介してみましたが…。
この2つの決定的な違いの一つに「持ち運べるか持ち運べないか」というのがありますね。TVの大きい画面でも出来るし、携帯で持ち運ぶどっちも出来るやつがあったらなあ~便利だよなあ~と思う私が数年前までおりました。そう、数年前まで…。
某ゲーム機の発売により、家庭用ゲーム機は「据置型」「携帯型」に加えて新しく、

ハイブリット型

という、据置と携帯をフュージョンさせたゲーム機が登場しましたね…。

そう、こちらのゲーム機です。
TVに繋げばTVで遊べ、TV用のアダプターから外せば携帯型にもなるというまさに次世代のゲーム機です。コントローラーも様々なタイプがあり、自分にあった形で遊ぶことが出来ますね。それにこれならTVが家に1台しかなくてお母さんに怒られようとも、携帯型にすればゲームを続行する事が可能ですね。
私はよくTVでプレイして「ちょっと疲れたな~」と思ったら携帯型に移行する、というのをよくやります…。

両方のいいとこどりした最強体では?と思いますし、実際とても素晴らしいゲーム機ですが、発売会社の説明を読むと「既存の据置型の範疇には入らないゲーム機」ではありつつも「携帯型としての利用も出来る据置機」という位置づけだそうです。分類するとすれば、どちらかといえば据置よりなんですね。
確かに携帯型にはなりますが、持った感じは元々携帯型のゲームよりはやっぱり大きいし重めです。片手では持てない。

でも早く進めたいとついつい持ち歩いたりしちゃうんですよね~。

結論:適材適所
据置にも携帯型にもハイブリット型にも適したシーンがあり、どの型にも魅力があるという事です。


今世の中では、スマートフォンのゲームの市場がとても大きく、昔に比べて家庭用ゲームの需要は少し減ってきたのかなと思います。実際スマホのゲームは手軽に出来ますし、無料で遊ぶことも出来るし、グラフィックやシステムのレベルも家庭用と遜色のないものも多いです。もちろん私もスマホゲームもやっています。
でもスマホゲームにはスマホゲームのいい所があり、家庭用ゲームには家庭用ゲームのいい所があります。

今回の記事は誰でも気づくような当たり前の事を書いています。ですがこうして改めてそれぞれの特徴を見直す事で、どのゲーム機も愛し、色んな形でゲームを楽しんでいきたいな~と書いている私は思えました。なので読んでくださった方にもそう思って頂けたら嬉しいです。
今後家庭用ゲーム機にどんな進化があるのか、スマートフォンの市場もどこまで広がっていくのか…VRなんかも増えていっていますし、いつかVR MMORPG…S●Oも夢じゃないかも…未来が楽しみですね!


以上、ユイPがお送りしました。
今の季節はちょうど、ゲームが最も売れると言われるホリデーシーズンです。全国のサンタさん、頑張ってください。
みなさん今後とも楽しくゲームをプレイしていきましょう~それでは!

★ゲームの事もたまにツイートしてるかも?
デジマースブログ公式Twitter

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です