UIと配色

Pocket


配色とは、2色以上の色を組み合わせ、配置および構成をする事です。
UIデザインでは、どのような配色を行うのかによって、使用感やユーザーに与える印象が大きく変化します。といってもUIデザインに限りませんが…。
色の扱い方はとても奥が深く、国や地域によって色に対するイメージは変わります。また、組み合わせ方は数え切れないため一言で配色について語りきる事はできません。一言でなくとも語りきれないと思います。
今回はよりカテゴリを絞り、色は色でもUIデザインにおける色(配色)のポイントについていくつかご紹介致します。


70% 25% 5%の配色

UIに使用する色数の目安は3色です。3色以上にする事が間違いと言うわけではありませんが、色数を増やしすぎると、どこを強調しているのか、どこに触れる事ができるのかなどが伝わりにくくなり、情報が整理されていないような見づらいUIになってしまいます。
しかし、色数を押さえたからといって適切に配色ができているわけではありません、使用する量も重要になります。UIにおいて実際に3色をどのようにして選び、使用するのかということは「70・25・5の法則」を意識すると選びやすくなります。70・25・5の配色はベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%にする配色法です。ちなみにこの「70・25・5」の考え方はwebデザインでは基本とされている配色方法です。

70% ベースカラー:ベースカラーは主に背景に使用される色であり、一番使用される色となります。多くのアプリケーション・WEBでは白が使用されています。
基本的には原色などの彩度の高い色は使用しません。使用すると文字が読みにくくなってしまう事があるためです。そのためベースカラーは控えめな色にする事が望ましいです。料理で言うところのお皿です。ピンク色のお皿に料理が盛られて出てきたら、落ち着いて食べる事ができないですよね…!?

25% メインカラー:メインカラーはサービスのイメージや方向性に沿った色を使用します。使用するのは25%で70%のベースカラーほどではありませんが、ここで使用する色によってユーザーの第一印象が変化します。一般的にはサービスのイメージカラーや、コーポレートカラーが使用されています。

5% アクセント(サブ)カラー:ボタンや通知・警告などユーザーに特別な何かがあると感じさせるために使用します。また、メリハリを出し全体を引き締める効果もあります。メインカラーと補色の関係にある色と組み合わせるとアクセントとしての役割を高めることができます。
アプリケーションの配色を検討していると、3色ではまとめ切れない箇所が出ててくると思います。その場合は3色以上になりますがアクセントカラーを追加してみてください。アクセントカラーは機能として追加されているのであれば、増えても問題ありません。ただ、アクセントカラーを使用しすぎてしまうと、アクセントとしての効果が薄れるばかりか、安っぽい質の悪いUIに見えてしまいますので使用する量に気を付けてください。

※)補色
色相環と呼ばれる色の順番と関係を円にしたものにおいて、正反対に位置する色の組み合わせ。

文字に「黒」は使わない!?

皆さんがWEBサイトで「黒」だと思っている文字の色は、見た目は黒でも実際には「グレー」が使用されている可能性があります。

●吾輩は猫である  ●吾輩は猫である

左の文字はディスプレイ上で最大の黒(#000000)です。そして右はグレー(#323232)です。
どちらも比較して出さなければ「黒」と認識するはずです。では、どちらも「黒」として扱う場合どちらの黒をオススメするのか…。それは右の黒(グレー)です。
その理由はディスプレイ上で再現される最大の黒(#000000)はとても強いからです。
ベースカラーが白の場合に文字を黒(#000000)にするとコントラストが高い状態となります。そのため他の要素よりも主張が強くなり、文字を読む際の疲れの原因の一つになってしまいます。また、文字の主張が強いためレイアウトの優先順位に影響を与える可能性があります。以上の事から黒ではなくグレーの使用をオススメします。
ですが黒(#000000)を使用することは間違いではありません。レイアウトの表現上必要になることもあります。ただ、使用する際にはグレーにする事も検討してみてください、少し黒を押さえるだけでも印象は変わります。


配色によってサービスのイメージは大きく変わります。目的に合った色を選別し、適切な配分で使用する事が大切です。
配色にはこうした方が良いという基本は存在しますが、絶対にこうしなければいけないというものではありません。絶対にこうだと言う正解もありません。しかし、基本から外れると扱うことは難しく、それ相応の経験と技術が必要になります。
 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です