デザインと錯視

Pocket

ロゴやフォント、イラストなどの大きさ・長さ・色・角度は、特定の条件が重なると、想定していた見え方と実際の見え方とで異なった見え方をする事があります。これを「錯視」と呼びます。いわゆる“目の錯覚”です。

デザインを行う前にはある程度錯視を理解しておく必要があります、なぜなら数値上は同じ位置・同じ間隔で揃えていても、実際に目で見て確認すると、錯視により同じ間隔ではないように見えてしまったり、ある要素だけが小さく見えてしまうという事が起きるからです。“なぜこの見え方になるのか”を知っておく事で錯視が起きた場合の修正をスムーズに行うことができます。今回はそんな錯視についてご紹介いたします。


フィック錯視

突然ですが問題です。①~③の図形のうち「A」「B」の長辺が同じ長さの図形はどれでしょうか?

正解は

「③」です。同じ長さに見えましたか?
フィック錯視とは同じ長さの図形でも、水平にされた図形よりも、垂直にした図形の方が長く見えるという錯視です。(なぜこのような見え方をするのか詳しいメカニズムは解明されていないそうです)ロゴデザインやイラスト製作などで、このような組み合わせが発生する場合は、数値に囚われず、自分の目で見て調整を行う必要があります。(下図参照)

また、同じ幅の図形でも、垂直にされたものよりも水平にされた図形の方が太く見えるため、ロゴやフォント制作の際は、縦線を太めに製作し錯視を調整する事があります。太さの変化は顕著に現れるわけではないので、調整は微調整程度に行われます。そのため普段目にするロゴやフォントでは、このような調整が行われていることに気づく人はいません。

エビングハウス錯視

同じ大きさの図形でも、周りに大きい物を置いた場合と、小さい物を置いた場合とでは大きさが異なって見える錯視です。

図のような配置をした場合、自分の想定よりも中心の図形のサイズ感が変わってしまうため、中心の図形のサイズを目で見て調整する必要があります。

デルブーフ錯視

同じ大きさの図形の周りに描く円のサイズによって、囲われた図形のサイズが異なって見える錯視です。

上記の錯視とは若干条件が異なりますが、同じ大きさのドット柄でも、枠(イラスト)のサイズの関係で左のドット柄よりも右のドット柄の方が大きく見えます。(Tシャツの柄という先入観もあるためより大きく見えるのかもしれません)


ロゴやフォントを制作した時やレイアウトを行った際に大きさ・長さ・色・角度などに違和感が出るようならば、何かしらの錯視が起きている可能性があります。数値的にサイズや位置が整えられていたとしても、最終的には目で見て確認を行うことをおすすめします。
このほかにも錯視は沢山あります、また、今回ご紹介した大きさにまつわるものだけではなく、色や角度に関する錯視も存在します。こちらはまた別の機会にご紹介したいと思います。
 
 

Pocket