UIとアニメーションの関係②

Pocket

必要最低限の機能は揃っていてもアニメーションが一つもないアプリケーションがあった場合、機能面では問題がなくともUI/UX的には優れているとは言えません。
もしそのようなアニメーションのないアプリが存在した場合、あらゆる動作は唐突で、自分が現在どのページにいるのか?どのページから何を呼び出したのか?など、全ての動作にストレスが生じます。UIにアニメーションを取り入れる事で表示に順序が生まれ、目で追うことのできない唐突な動きを削ることができます。このようにアニメーションはユーザーとOSの対話をスムーズに行うための重要な役割を担っています。

ここまでは前回の記事でご説明した通りですが、アニメーションの役割はOSとの対話をスムーズにするだけではありません。アニメーションを使用して楽しさを演出することで印象に残るUXにする事が可能です。
例えばSNSでハートの形をしたグレーのいいねボタンがあった場合「押した直後にピンク色に切り替わる」場合と「押した直後にハートの周りにキラキラした光が浮かびハートが動きながらピンク色に切り替わる」場合では、後者の方が印象に残りやすくなります。コレはいいねと言うポジティブな動作に合わせたアニメーションだからです。大げさに言うと動作と感情に合わせたアニメーションだからです。
また、アニメーションはユーザーの楽しいという体験に影響を与えるだけではなく、ネガティブな動作のストレスを和らげたり、ポジティブな印象に変えることができます。視覚的に楽しければ、ユーザーは印象深く質の高いUI/UXと判断するでしょう。

今回のブログでは、ユーザーの目線や意識を惹きつけたり、体験に影響するアニメーションをいくつかご紹介致します。

1. 反応を示すアニメーション

SNSやECサイトで見かける「いいね」や「お気に入り」ボタン。押した際にアニメーションがあると、押した後の反応が伝わりやすくなるだけではなく、ポジティブな感情とリンクし、楽しい印象を与える事ができます。

2. 状態の切り替えのアニメーション

こちらは機内モードに変更した際に見られるアニメーションです。ONに変更した際には飛行機が飛んでくる。OFFの場合は飛行機が飛んでいく。動きは小さいですが、このような細部への配慮にも、ユーザは楽しさやサービスの質の高さを感じます。

3. 強調のアニメーション

使用して欲しい機能がある場合や、通知がきている場合などにアニメーションを使用することで要素を目立たせることができます。堅苦しい説明がある場合などに使用すると、堅苦しさを和らげることができます。

4. アニメーションの使いすぎに注意

アニメーションは小さくても動いているため目立ちます。そのためアニメーションを多用すると目線が散り、逆にどの要素も目立たなくなります。また、要素の優先順位やシンプルさが失われますので本当に目立たせたい所にだけ使用する事をオススメします。
アニメーションがよく作りこまれていてもアニメーション自体がくどくなっていたら意味がありません。具体的には動作が長い・派手という状態です。この状態だと使用する度に鬱陶しくなります。ユーザーがアプリを何十回、何百回と使用し、アニメーションに新鮮味を感じなくなった瞬間、アニメーションは目障りになります。ツール系アプリ等では特に使いどころに気を付けるべきかと思います。


アニメーションはUXに影響します。私はアプリを使った時にキャラクターが動いたり、ページ内で面白い動きがあった場合、良くできているな~とか、楽しいな~と思います。アニメーションは使用感の向上だけではなく楽しさの演出にも役立ちますが、アニメーションは一度気になりだすととにかく鬱陶しくなってしまいます。使いどころを良く検討した上で組み込む事をお勧めします。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です