『リフレッシュレート』とUX

Pocket

私たちが普段眺めているスマホやタブレットの画面ですが、
実は、操作してない時でも頻繁に画面を書き換えています。

画面を書き換え(⇒リフレッシュ)しているということは、
常に貴重なバッテリーを消費しているので、その部分だけ聞くとエコではありません。

スマホなど、使用開始から2年目に近くなると著しくバッテリーの劣化を感じますが、
出先での充電も面倒ではあるので、
可能であれば何とか温存して一日持たせたいところです。

そんなネガティブな話題から入りましたが、
リフレッシュレートの機能の恩恵は大きく、私たちの使用感/満足度など、
UXに大きく影響を与えます。

今回は機械的な話に寄りますが、
この(単位時間で画面をリフレッシュする⇒)「リフレッシュレート」の話をUXと絡めて考えてみます。


■リフレッシュレートとは?

一般的な説明として、リフレッシュレートとは、
1秒間にスマフォやテレビなどの画面を何回書き換え更新するか、の理解で良いと思います。
機器の仕様書には、

60Hz(ヘルツ)だの120Hzや最近ですと240Hzなんて数字も確認できます。

つまりはスマホの画面が一秒間に60回だったり120回だったり240回、
最新状態に書き換えしてる端末がそれぞれあるということです。
忙しくエネルギー使いまくってそうですね。

では日本でも売れているiPhoneやiPad Proの仕様についてみてみます。


■iPhoneやiPad Proのリフレッシュレートは?

・iPhone   60Hz
・iPad Pro  60Hz(可変リフレッシュレート)

でした。 ※2017/6/6時点発売済みの端末

ロック画面の静止画状態でも、1秒間に60回も書き換えているなんて、環境に申し訳ないですね…。
バッテリー消費もしているので使用者のメリットもありません。
これは良くない体験の様です。

でも…『iPad Pro』の仕様をよく見てください。
”可変リフレッシュレート” となってます。

『iPad Pro』の可変リフレッシュレートですが、
実は利用者が操作していない状況を判断して、
リフレッシュレートを低く[30Hz(30回書き換え)などに] 変更させているんです!
画面を操作していないときはエコモードになるなんて、
見えないところでもユーザーに恩恵を与えているんですね。
バッテリー持ちを良くするための機能だと思いますが、
双方にメリットがあり、
これは良い体験なのではないでしょうか。


■新型iPad Proの仕様

2017年6月6日、Appleは、
同社の開発者カンファレンス「WWDC17」の基調講演で、
「iPad Pro」シリーズの刷新を発表をしました。

・iPad Pro  120Hz [可変リフレッシュレート(48Hz/24Hzなど)]

こちらの製品の仕様では、
リフレッシュレートが大きく向上して120Hzに変更されました。
目的としては、「Apple Pencil」の体験向上が上げられ、
レスポンスが快適になるとのことです。

仕様上だけでもペン先への描画追従性が倍に上がるので、
”書き味”に大きな変化が現れることでしょう。

またリフレッシュレートの向上は、
画面スクロール時にも影響が出ると判断でき、
ヌルヌルとしたスクロールになることで、文字の視認性が良くなるのではないでしょうか。

大きな使用体験の変化は新たな需要を生みます。

「読む/見る」といったニーズでは行き渡った感があったタブレット端末ですが、
「描く/伝える」といった新たな体験と価値を提供するツールとして、
新しい市場を開拓するのではないでしょうか。

■今後のリフレッシュレートの向上について

モバイルツールとして120Hzのリフレッシュレートを実装してきましたが、
コンシューマ向け「据置型モニター」での市場では、
240Hzの領域まで量産技術が進んでいます。
さらに、
人間の目で判断できる限界(140~200Hzという説)もあり、
240Hzあれば十分なのですが、
ホールド型液晶画面は仕様上残像の問題が出るので、
その点をカバーする目的で、
高速にリフレッシュする480Hzまで行きつく必要があるのではないでしょうか。
表示応答性に優れた「有機ELディスプレイ」との組み合わせも考えると未知の領域ですが、
スマホでヌルヌルとスクロールしながら文字を速読する、
そんな体験が出来る時代までもう少しです。

次回も、サービスUX設計に関係した話題をしたいと思います。
以上、デザインに関わっているデジマースのネモトでした。

////////// 関連記事はこちら↓ //////////

プロトタイピングに挑戦する

プロトタイピングの活用


[必然的な利用シーン]環境/需要との接触


UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈する


サービスVSユーザー!UIリテラシー格差


あぁ…Flashツールに望みはあるか?


8bitに学ぶUIデザイン


サービス運用中の注意点


データとセグメンテーション


サービス立ち上げとデザイン

Pocket