プロトタイピングの活用

Pocket


スマホ市場も成熟期に入り、コンテンツ配信では競合も多く、
サービスの運営に不安を感じることが多くなっていると感じます。
そんな状況はサービス設計についても従来の設計から変革が必要となってきており、
コンセプトやターゲティング、ビジネスモデル構築に十分な時間をかけて設計を進めるリスクを避ける、迅速な発想の商品化が求められてきています。

今回は「起案」と同時に「プロトタイピング」の工程を進めてしまうことで、
より多くのサービスをUXを意識出来るレベルまで具現化して並行提案(開発)出来ないか妄想してみました。


開発コストがリスクだったプロトタイプ

商品開発中に全容認識が容易になるプロトタイプの製作は有意義な作業であることは明確でしたが、
プロトタイプ自体の開発期間/コストが問題でそれを行わず、
本開発を進めてしまう現実がありました。
そんな中、
モバイルwebサービス開発支援を目的とした「プロトタイピングツール」の台頭により状況は大きく変わってきております。
詳しくない方でも名前を良く聞くのは、
「Prott」「Sketch」「Adobe Experience Design(2017.4.25時点で無料ベータ版)」でしょうか。

個人的には以前紹介した「Adobe Animate」でもアプリ寄りなプロトタイピングも出来ると考えております。

プロトタイピングツールによって、
従来専門的なスキルと多くのリソースが必要だったサービス設計のやり方にも変化が起きました。

HTMLやプログラムの知識が無くても全体像の構成サンプルをマウス操作で作ることが出来、
実機確認出来る状態を他者へ共有シェア、遷移図の資料等の自動書き出しまで行えるツールもあります。
つまり、
リスクだったプロトタイプ制作のデメリットが解消されたのですから取り組まない手はありません。


プロトタイピングのメリット

従来からサービスの有効性/ユーザビリティーの検証方法として、
「ユーザビリティー調査(テスト)」が提唱されておりますが、
アジャイル的迅速なサービス開発が求められる現在ではその非効率特性が顕著に表れてきてしまいました。
サービス設計者はスケジュールを考慮すると、
まず「削減」を考えるフェイズになってしまっているのが実情です。

非効率化を解消し、
プロジェクトメンバー間での効率的な共有をする目的で開発されたプロトタイピングツールがあれば、
まずは自身もしくは、プロジェクトメンバー全体での認識として、
満足度の高いイメージ/ビジョンが反映されやすい製品プロトタイプが作れる環境にはなってきているのです。

以前は、長い開発期間を経過するなかで薄れてしまったイメージ/ビジョンがあり、
ユーザビリティー調査で「答え合わせ」するまで良し悪しの判断が出来なかったことが、
ツールの導入により素早くプロトタイプが作成出来、
温度差/感覚差が生まれにくい環境が整ったことが最大の導入メリットと言えます。


従来の開発フローで進めるリスク

効率的なツールを競合他社が使うなか、
従来の手法で確実なサービス設計を進めるリスクを考えてみます。

どんな「ひらめき」や「アイデア」が市場で成功するかの確証は残念ながら得られません。
そんな中進めるサービス設計について、
従来のマス需要に向けていれば十分な成功が得られた時代は終わってしまいました。

生活環境が多用化した現在では、同じ環境/価値観自体が少なくなり、そのリサーチしやすい需要も少なくなってしまいました。
先が暗いマーケティング事情なのか定かではありませんが、
「大衆向けヒット商品」が出にくい時代になったことは判断できます。

そんな中で「確実なサービス設計」で進めることはリスクが大きく、
プロジェクトラインを多く抱えられない企業では大きな機会損失に繋がるので、
多くのアイデアを次々と短い期間で具現化し、
そしてビジネスモデル検証するフローが求められると考えます。
そこで可能性を活かす理想論が、「起案」と同時に「プロトタイプ」まで進めてしまうプロセスです。


「ビックプロジェクト」ではなく「ひらめき」の可能性

多用化した生活環境、多様化した需要は裏を返せば、
起案者自身の個人的な需要でさえも、必要とするニッチな需要層である可能性が考えられます。

都合が良すぎる話ですが、
例えば、起案者自身がプロトタイピングツールを使いUX設計を提案出来れば、
残ったリソースでも多くのプロジェクトラインを同時に立ち上げることも可能なのではないでしょうか。

「数打てば当たる」ではなく、
「数打てなければ可能性が埋もれる」でしょうか。

サービスの提供期間についても短く変化してきている感もありなおさら…ではあります。

今後登場する、プロトタイピングツール「Adobe Experience Design」製品版については、
Adobe Creative Cloudのサブスクリプション契約下であればすぐにでも導入出来ます(Mac/Windows10環境)

まずは無料体験期間のあるツールを使用してみてはいかがでしょうか。

次回も、サービスUX設計の話題をしたいと思います。
以上、サービスデザインに関わっているデジマースのネモトでした。

/////////// 関連記事はこちら↓ ///////////


[必然的な利用シーン]環境/需要との接触


UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈してみた


サービスVSユーザー!UIリテラシー格差を考える


あぁ…Flashツールに望みはあるか?


8bitに学ぶUIデザイン


サービス運用中の注意点


データとセグメンテーション


サービス立ち上げとデザイン

Pocket