UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈してみた


ユーザー・エクスペリエンス(以下UX)の概念を解説されても、具体的に日々の業務に何がどう関係していて、どう進めるのか行動に結びつかないものですよね。
また、何とか概念を理解出来ても環境や開発体制、会社の文化などによって導入が難しかったりする場合が多いのではないでしょうか。
厄介ですねぇ。

今回はそんな厄介UXを何とかスマートフォン向けサービス開発に当てはめて都合よく解釈して導入出来ないか考えてみました。


UXってどういうこと?

そもそもUXの目線でサービスを設計するということを大雑把に短く言葉にすると、
ユーザーの需要があり、
ユーザーの目線で提供され、
ユーザーの望むゴールが達成できて、
ユーザーが心地良い!素敵!と感じてまた利用したいと思う設計を、
関わるプロジェクトチームメンバー全員が統一意識で、効率的に精度高くポジティブに開発を進めることと解釈してます。

一番重要なポイントは、
「だれに」向けた「需要」あるサービスなのかを明確に設定することで、この設定次第でサービスの成功が決まるのではないでしょうか。

以上を踏まえて、
「なにを」「いつ」「どこで」「なぜに」「どのように」提供するかを考ることでユーザー体験の設計が行えるはずですが、
ここでUX開発を難しくする環境の問題が出てきます。

実際のサービス開発では、何を売りたいか、どんな手段で提供したいかが、サービス側の事情から既に決まっている状態から企画がスタートすることがあり、その状態ではユーザー目線と需要から起案されることがそもそもないことです。

どんなにUX設計を心がけたとしても、
「ビジネス目線」からスタートした企画には、後付けでUXを適応する事は出来ないと考えておいた方が良いのではないでしょうか。

それでは、UX開発を具体的に設定してみましょう。


チーム内の役割を再認識する

UX設計のフローと、関わるメンバーのスキルについて整理してみます。
フローの内容と、それぞれの担当がプロジェクトに参加するタイミングを表にしてみました↓(注>あくまで弊社環境の場合です)

いかがでしょう?
まだまだ書き込む詳細は残っているので今後も表の最適化を進める予定です。

表のなかで注意が必要なポイントは、
会社やプロジェクトの規模、外部協力会社によって、担当欄一人それぞれの活動範囲に違いはあるところです。

中小規模プロジェクトであれば、幅広い工程を一人で担当することもあり、
大きなプロジェクトであれば、外部の協力会社も入り、各工程を専門スキルに特化した活動を分担して進めることになります。
専門スキルに特化するということは、難易度の高い設計がそれぞれに求められ、広く浅いスキルでは対応できない状況が多いのではないでしょうか。

それでは、ご自身の状況を重ねてみてください。

敢えてネガティブに例えると、
「プランナー」の立ち位置の方はほとんどの工程に関わりますが、
1人で黙々と設計を進めて結果を関係者に共有する流れが多いのではないでしょうか?
専門スキルをもつ各担当者と一緒に具現化作業を進め、多くの機能や仕組みを提案してサービスを充実させていくことが重要なんですが、なかなか責任感が柔軟的方向性を見えにくくします。

逆にプランナー以外のメンバーは、「サービスの製作には協力している…」という他人事意識になりがちな部分…あるのではないでしょうか;
どうしてもどこかで最終的な責任は関係しないという考えが消えずに協調性が不足します。

それぞれの立場が
「私(誰か)の考えたサービス」
の意識が無くならないかぎり、その視点で開発が進むと「UX開発」には到底ならず、
提供者側視点/ビジネス目線の、
マス(大衆)に向けたサービスから脱却はできないと考えられます。

その状態では今の時代の「有効ターゲット」に届かないから、UX設計が必要になってしまっているんですね。

UX設計は先ほどお伝えした通り、
「プロジェクトチーム単位」複数人で進める必然がある以上、
メンバー全員の意識統一が重要なのです。

「私達が考えたサービス!」

…声に出すとなかなか恥ずかしいものですが、割り切って声高らかにポジティブ意識をもってサービスのUX設計を進めてみましょう!

次回も、UXサービス設計の話題をしたいと思います。
以上、サービスデザインに関わっているデジマースのネモトでした。

/////////// 関連記事はこちら↓ ///////////

サービスVSユーザー!UIリテラシー格差を考える


あぁ…Flashツールに望みはあるか?


8bitに学ぶUIデザイン


サービス運用中の注意点


データとセグメンテーション


サービス立ち上げとデザイン

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です