PhotoShopチュートリアル テキストエフェクト-氷編-

Pocket

こんにちは、デジマースのはらです。
今回はTOP画像の「氷」エフェクトの制作方法をご紹介していきます!
ステップは簡単10ステップ!! 氷エフェクトはきっと夏でも冬でも使えるはずです。
※制作時間は15~30分ぐらいです。
※PhotoShopのバージョンはCC2017です。
※作業環境はWindowsです。今回はショートカットの紹介は行いません。

●PhotoShop上部メニューバーより/新規→数値を入力→OK

●「レイヤー」パネル下部のアイコンからベタ塗りを選択
ベタの色は何色でもかまいません。今回は♯bcbcbcに設定

●グループ「グループ1」を作成
“その中に”テキストレイヤー(文字サイズ200 px)を作成(入力テキストはひんやりとします)、その後「ひんやり1」と名前を変更
フォントはどのようなものでも構いませんが、太めのフォントがオススメです。

●「ひんやり1」レイヤーをコピーして「ひんやり2」レイヤーを作成
色はそれぞれ
「ひんやり1」 b0e6ff/「ひんやり2」 53d3d1 にします。

●ひんやり1に「ベベルとエンボス」と「光彩(内側)」を適用

A 8ce8ff B 68ddff

●「自動選択ツール」で背景の“余白部分”をクリック
注:テキストをクリックして選択範囲を作成すると仕上がりが悪くなります。

選択範囲が作成されました(“ひんやり”は一発で全ての余白を選択できますが、それ以外の切れ目のない空間のある文字(「あ」や「の」)などは内側も選択してください)

●上部メニューバーから「選択範囲」矢印「選択範囲を反転」を選択

●「グループ1」を選択し、パネル下部「レイヤーマスクを追加」アイコンをクリック

レイヤーマスクが作成されました

●レイヤーマスクを“選択したまま”
上部メニューバーより「フィルター」→「変形」→「波形」を選択

下記赤枠部分を入力+チェック

●「ひんやり1」レイヤーにドロップシャドウを追加
(色は白 ffffff です)

完成!

パッと見たところ味気ないですが、文字のエフェクトはこれで完成です。
詳しい方ならこれ以降の説明は特に不要だとは思いますが、簡単にアレンジ方法をご紹介いたします。

●「ひんやり2」を複製して「ひんやり3」を作成し、レイヤーの描画モードを乗算に変更。その後、「グループ」1の外に出してベタ塗りの一つ上に配置し、色を白に変更

●「グループ1」のレイヤーマスクサムネールにカーソルを合わせ右クリック→「選択範囲とマスクの共通範囲」をクリック。またはcommandキー(win:Ctrl)を押しながらレイヤーマスクサムネールをクリック

●メニューバーから/「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「縮小」→縮小量に「1」と入力しOK

●「ひんやり3」を選択し、パネル下部「レイヤーマスクを追加」アイコンをクリック

●「ひんやり3」にレイヤースタイル→「ドロップシャドウ」を適用
(色やサイズはお好みでどうぞ)

●「ひんやり2」レイヤーの不透明度を45%に変更
(不透明度やレイヤーの描画モードを変更することによって雰囲気を調節できます)

●「ひんやり3」レイヤーの下にお好きな背景を配置

完成!

他にも文字の上に雪をのせたり、少し溶かしてみたり、冷気を加筆したり…。様々なアレンジ方法がありますが、全部紹介すると本が書けてしまうのでこれでアレンジ完了としたいと思います。
それではまた次回。

Pocket