PhotoShopチュートリアル テキストエフェクト-氷編-

Pocket

こんにちは、デジマースのはらです。
今回はTOP画像の「氷」エフェクトの制作方法をご紹介していきます!
ステップは簡単10ステップ!! 氷エフェクトはきっと夏でも冬でも使えるはずです。
※制作時間は15~30分ぐらいです。
※PhotoShopのバージョンはCC2017です。
※作業環境はWindowsです。今回はショートカットの紹介は行いません。

●PhotoShop上部メニューバーより/新規→数値を入力→OK

●「レイヤー」パネル下部のアイコンからベタ塗りを選択
ベタの色は何色でもかまいません。今回は♯bcbcbcに設定

●グループ「グループ1」を作成
“その中に”テキストレイヤー(文字サイズ200 px)を作成(入力テキストはひんやりとします)、その後「ひんやり1」と名前を変更
フォントはどのようなものでも構いませんが、太めのフォントがオススメです。

●「ひんやり1」レイヤーをコピーして「ひんやり2」レイヤーを作成
色はそれぞれ
「ひんやり1」 b0e6ff/「ひんやり2」 53d3d1 にします。

●ひんやり1に「ベベルとエンボス」と「光彩(内側)」を適用

A 8ce8ff B 68ddff

●「自動選択ツール」で背景の“余白部分”をクリック
注:テキストをクリックして選択範囲を作成すると仕上がりが悪くなります。

選択範囲が作成されました(“ひんやり”は一発で全ての余白を選択できますが、それ以外の切れ目のない空間のある文字(「あ」や「の」)などは内側も選択してください)

●上部メニューバーから「選択範囲」矢印「選択範囲を反転」を選択

●「グループ1」を選択し、パネル下部「レイヤーマスクを追加」アイコンをクリック

レイヤーマスクが作成されました

●レイヤーマスクを“選択したまま”
上部メニューバーより「フィルター」→「変形」→「波形」を選択

下記赤枠部分を入力+チェック

●「ひんやり1」レイヤーにドロップシャドウを追加
(色は白 ffffff です)

完成!

パッと見たところ味気ないですが、文字のエフェクトはこれで完成です。
詳しい方ならこれ以降の説明は特に不要だとは思いますが、簡単にアレンジ方法をご紹介いたします。

●「ひんやり2」を複製して「ひんやり3」を作成し、レイヤーの描画モードを乗算に変更。その後、「グループ」1の外に出してベタ塗りの一つ上に配置し、色を白に変更

●「グループ1」のレイヤーマスクサムネールにカーソルを合わせ右クリック→「選択範囲とマスクの共通範囲」をクリック。またはcommandキー(win:Ctrl)を押しながらレイヤーマスクサムネールをクリック

●メニューバーから/「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「縮小」→縮小量に「1」と入力しOK

●「ひんやり3」を選択し、パネル下部「レイヤーマスクを追加」アイコンをクリック

●「ひんやり3」にレイヤースタイル→「ドロップシャドウ」を適用
(色やサイズはお好みでどうぞ)

●「ひんやり2」レイヤーの不透明度を45%に変更
(不透明度やレイヤーの描画モードを変更することによって雰囲気を調節できます)

●「ひんやり3」レイヤーの下にお好きな背景を配置

完成!

他にも文字の上に雪をのせたり、少し溶かしてみたり、冷気を加筆したり…。様々なアレンジ方法がありますが、全部紹介すると本が書けてしまうのでこれでアレンジ完了としたいと思います。
それではまた次回。

Pocket

アイコンデザイン ―おまけ編―

Pocket

こんにちは!
みなさん、バレンタインはどうお過ごしでしたか?楽しく過ごせましたでしょうか。
普段買わないちょっと良いチョコや、独創的なチョコを見るのが楽しくて、お店の特設コーナーを見かける度につい立ち寄ってしまいました。

さて、今回のテーマですが、「アイコンデザイン ―おまけ編―」です。
前回私が作成した記事、「アイコンデザイン ―基礎編―」の“おまけ”になっています。そのままです!
アイコンについての考え方など、少しだけ踏み込んだ内容をまとめてみました。

アイコンについて意見が割れてしまった時、そもそもどうして意見が割れてしまうのかな?と悩んでしまった時の1つの気付きにしてもらえると嬉しいです。
私の主観によるところも大きいので、そんな考えもあるのかぁ…と言う参考程度に読んでください。


アイコンの良し悪しは見た人による

アイコンとは、ユーザーや見た人の目的が達成できる、何を表しているのか意味が理解できる物が良いとされています。
確かにそうなのですが、これは見る人それぞれの経験、価値観で差異が生じるものでもあります。

以下では、経験と価値観について事例なども交えながら考えてみたいと思います。


アイコンと経験

経験の例で言うと、「ハンバーガーアイコン」です。
多くのスマホサービスで導入されていて、そのほとんどの場合でタップするとメニューや設定などが一覧で表示されます。
スマホを使い慣れた人にとっては馴染みのあるアイコンですね。アプリを使用していて「あれ?あの機能はどこかな…」と迷ったら、とりあえずハンバーガーアイコンの中を探してみると言う人も多いのではないでしょうか。

一見わかりやすいように思えます。ですが、これはアイコンの形自体が特別に優れている訳ではなく、見る人それぞれの経験に基づいているに過ぎません。
ハンバーガーアイコンは広く普及している為、スマホを触っていれば見る機会は多いです。その為、スマホを積極的に使う人には「ハンバーガーアイコンをタップするとメニューが出てくる」と言う経験がインプットされています。
ですが、初めてこのアイコンを見た時、何を意味しているかすぐにわかった方は少ないのではないでしょうか。経験を重ねることで学習し、今では当たり前の事として捉えられるようになったのです。

スマホに慣れていない人だとハンバーガーアイコンを目にする機会が少ないか、そもそも意識すらしたことがない状態になってしまいます。
経験がない人にとってこの3本線は、それがメニューで、中にどんな機能が隠されているか想像できません。
その為、何か迷いが発生した時の目印が1つもないような状態になってしまうので、咄嗟にどうしたらいいかわからず誰かに訊くか、結局諦めてしまう…なんてことが発生します。

ハンバーガーアイコンに関しては様々な議論が成され、広く普及しているにも関わらず、分かりづらいアイコンだとまで言われている事例もあります。
分かりづらいとされる要因としては、「何の情報があるか想像できない」「優先度の高い情報と低い情報が詰め込まれてゴチャゴチャしている」などがあります。

こんな時は、テキストラベルをつけると問題が緩和されます。アイコンの下に「メニュー」と入れてあげるだけで、3本線だけでは想像できなかった部分を補うことが出来ます。
アイコンの意味を全く知らない人が見ても、メニューと書いてあれば何か情報がまとまっているかも?と言う気づきにしてあげることが出来ます。

余談ですが、私の祖父が最近ガラケーからスマホに買い換えました。経験が一切蓄積されていない状態ですので、もちろんハンバーガーアイコンの意味はまったくわからず…。
設定やヘルプを開きたい時は3本線(ハンバーガーアイコン)をタップすれば良いんだよ、と言うような説明を何回もしました。アイコンの形だけだと機能を想像しづらい為、なかなか覚えられないようでした。
ですが、カメラアイコンはすぐに意味を理解して使いこなしていたので、これは形が明確で馴染のある形だからなんだろうなぁと改めて勉強になりました。


アイコンと価値観

価値観の例で言うと、「お気に入りアイコン」です。
「お気に入りアイコン」の形と言うと、どのような形を思い浮かべますか?星マークやハートマ―クを思い浮かべる人も多いかもしれません。
私が「お気に入りアイコン」に価値観の違いが顕著に表れていると感じたのは、Twitterがお気に入り機能の変更を行った際です。

Twitterには元々、星マークの「お気に入りアイコン」がありました。気に入ったつぶやきがあればお気に入り登録して、プロフィール画面でまとめて見ることが出来る機能です。
それが2015年の11月に、ハートマークの「いいねアイコン」に変更されました。見た目と名前が変わっただけで、機能はお気に入りアイコンだった時と変わりません。
Twitterとしては、より気軽にコミュニケーションツールとして利用してもらいたい狙いがありました。
ツイートしても何も反応が返ってこない事で、意味を見いだせずつまらなくてやめてしまう人が多かった為、利用者同士の交流をより活発にすることで、新規ユーザー獲得や継続率を改善したいと考えていました。

ですが、この変更によりTwitter利用者の意見が分かれました。「元に戻してほしい」「お気に入りといいねは意味が全然違う」など批判的な意見が多かったです。

何故批判的な意見が多かったのか考えてみると、制作者側と利用者の価値観の違いでした。
批判的な利用者の多くは、自分のツイートに反応が返ってくることにそもそも価値を見出していない、ただ呟ける場所が欲しい人。あるいはお気に入りはしたけどその相手とのコミュニケーションを望んでいないなど、そういった価値観を持っている人も多くいました。
その為、コミュニケーションを活性化させる為の「いいね」に対して、ひっそりお気に入りして楽しんでいた人からすると、「お気に入り」より強い意思表示になる、相手へのアピールになってしまうと感じ、嫌だと思う人が多かったのではないでしょうか。

このように、利用者を増やしたい製作者側としては複雑ですが、価値観によっては利用者の目的には沿わず、結局良いアイコンとは言えなくなってしまう場合もあります。
私も未だにお気に入りに戻してくれたらなぁと思う事があります。

コミュニケーションの活性化だけで見れば、「いいね」自体はよい機能なんですが…。
Twitterの場合、変更前と変更後で意味が変わってしまったので、より受け入れ難かったとも言えます。


おわりに

いかがでしたでしょうか?

アイコンの良し悪しは、その人の経験や価値観によって左右されてしまう場面もあります。
そのことを前提に置いて、その影響をなるべく受けないようなデザインを考える必要があります。
考えると言うのはまったく新しい表現を模索すると言う意味ではなく、多くの人に認知され理解してもらえる物を考えると言う事です。

繰り返しにはなりますが、「初めてこのアイコンを見たユーザーは、意味を理解してアクションを起こせるだろうか?」と言う問題提起を常に忘れないようにしましょう。

それではまた!デジマースのコンでした。

Pocket

手描きスタンプ~byフォトデコレ~

Pocket

こんにちはもしくはこんばんは!
デザイン業務に関わっております、デジマースのスガです!
早いもので2017年も2月半ばにさしかかろうとしておりますね。

そして寒さも全国的にピークといったところでしょうか。
毎日ブランケットが欠かせません…!

さっそくですが今回は株式会社デジマースが提供しております写真系ツール「フォトデコレ」の手描きスタンプ特集と作成の流れを共に紹介したいと思います。

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*

▼手描き素材

人気ですよね!写真を装飾するのにあるととても便利です。
さらっと描いたようなものから細々と書かれた物など様々ありますが手描きの良いところは写真装飾でいう所、メインの写真を主役にしたまま
何気ないワンポイントを加えられる所です!

▼フォトデコレで配信「手描きスタンプ」


スタンプやフレーム等、白黒反転カラーをご用意。(計62点)

実際にこれらのスタンプを使用した図はこちら↓

▼素材はどうやって?

やり方は様々あるかと思いますが、今回作成にあたり使用した物は以下です。
カンタンに流れを紹介します。ものすごくカンタンです。

・ボールペン
・白い紙
・スマホ(撮影用)
・パソコン(編集用)

①【描く】思うがままに白い紙にイラストを描く。
ここではテーマや個数等を決めておいた方が描きやすいですね。


ボールペンだと描き直しが出来ないのが大変ですね笑

②【パソコンへ取り込む】描いたらパソコンに取り込みますが、
今回はスマホで写真を撮ってパソコンに送ります。
スキャンでも大丈夫ですが画像サイズは大きく取り込んだ方が良いですね。

③【整える】取り込んだイラストの背景抜きや必要サイズへのサイズ変更や
色味の調整を行います。あえて調整しないってのも味があるかもしれません。
※調整部分は割愛致します。

④【完成】※一部

最後に

手描きそのままの素材になりますので、システムチックな固いイメージは受けにくいですね。
イラスト自体もラフっぽくなっていますので、自然な感じが写真とマッチします。
そうです、写真に浮かずさりげなく馴染むところが手描きの強みですね!

いかがでしょうか?
装飾が苦手。不器用なんです。問題ございません!
誰でもカンタンに、写真を華やかに出来ちゃいます!
ちょこっと装飾をしたいときに持って来いの手描き素材。
用途によっては写真以外(メッセージ風等)にも使えるかもしれませんね。
興味のある方は是非使用してみて下さいませ!

▼フォトデコレは以下で使用できます。
—————————————————————

★対応OS

ios、Android対応

auスマートパス / スゴ得コンテンツ / 月額300円(税抜)

⇒「フォトデコレ」で検索!

—————————————————————

次回もデザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければと思います。
それでは、またお会いしましょう!

Pocket

今さら聞けない? 有機ELや4KやHDRって何?

Pocket

スマホや電化製品のスペックを見ると、色々な情報や規格がありますが、内容がわからないものもありますよね。
今回はUI/UXの話ではなく、方向性を変えて最近良く目にする用語について触れていきます。


4Kって?

まずは最近良く目にする用語、
「4K」
からはいります。

「4K」はテレビなどの画面解像度3840×2160のことですが、
現在の家庭用テレビやスマートフォンで代表的な解像度はフルHDの2Kとなります。

2Kはスマホでも使われてる規格で、
2K = 2000の略形(1920x1080 →1920が約2000なので)。

Kはキロ(1000)。

2000なので2Kになります。

まとめると、

2K = 2000の略形 = 1920x1080(1920が約2000なので)
4K = 4000の略形 = 3840x2160(3840が約4000なので)
8K = 8000の略形 = 7680x4320(7680が約8000なので)

です。

…8Kまで紹介してしまいました。

【予備情報】
4K/8K放送については放送フォーマット化が進んでおり、
2018年に放送開始目標となってます。

ちなみに現在「iPhone7Plus」の解像度は
フルHD(2K)の1920x1080ですが、
こちらは5.5インチのディスプレイですので、
いわゆる画素密度のppi(pixel per inch)については401ppiとなります。

人間の目で識別できる、解像度は一般的に350ppi程度と言われてますので(数字が多いほど細かい)、
5インチ前後のスマートフォンについては今以上の解像度(4Kや8K)は必要ないですが、
iPadなどのタブレットについてはまだ現状264ppiですので、
高解像度化の需要はありそうですね。

4Kについてはいかがでしたでしょうか。

続いては「有機EL」について紹介します。

有機ELとは?

「有機EL」については10数年まえから携帯電話にも使用されており、
最近のスマートフォンやApple Watchなどの小型パネルはサムスン社製が使用されています。
現在広く使われている「液晶」とは違うディスプレイ規格の一つです。

2017年は日本での家庭用の大型有機ELテレビ元年となり、
大型パネルはLG社製をつかって、3月から各社がついに本格的な製品化を開始します。
(60万円~90万のようです…マニア向けです;)
※注意)現在の4K発売/予定されている製品では別途チューナーやアンテナが必要とのこと;(もう少し待ちましょう)

液晶との違いについては、

・液晶ディスプレイよりも高コントラスト

・液晶→バックライトで背面から照らすので、黒がグレーっぽくなってしまう
 有機EL→画素が自発光するのでバックライトいらず→美しい真の黒の再現

・画素の輝度変化が瞬時に可能なため動画に強く残像感が少ない。
  ※テレビ放送のテロップがスクロールする場合、動画性能が低い液晶テレビですと動画残像により文字がボケてしまって読みにくいアレです。

有機ELは特性上、動きが早い映像についても、
シャープな輪郭を維持しやすいので、特にスポーツ中継やゲームに適しています。

ここから少し寄り道します。

人間の動画識別能力の仕組み

私たちの目はどのように連続する映像と映像を見ているのでしょうか。

私たちが見ている風景などの世界は、
自身の脳が都合よく補正した映像のようです。
アナタと私で見えてるものに差異がある可能性があるなんて怖いですね…。

動きのある映像はどう作り出しているかというと、
静止画と、ほんの少し時間の経過した静止画をパラパラ漫画のように、
情報として脳内に取り込んでいるので、
本来はチラチラ途切れた繋がりに欠けた動画のような映像になるはずなのです。

しかし!
厄介なのか救いなのか、
静止映像は脳内に、光の情報として取り入れられる際、
その光の強さに応じて、なんと「残像効果」が起こるそうです。

経験あると思いますが、
蛍光灯の光を直接見た時、太陽を直接みてしまったとき、強烈な映像を見てしまったとき、
あの目蓋(まぶた)に焼き付くヤツが過度の残像効果の現象です。

私たちの脳は、
静止画と静止画の間に「残像効果による中間映像フレーム」が自動生成されているので、
うまいこと繋ぎ合わされ、動きのある映像を滑らかに感じることが出来ているのです。

そう考えると、
残像効果がなくなったら毎日の生活がストレスですね…考えたくもない。

話を戻して有機ELの話

有機ELは、液晶テレビと同じで今後驚くスピードで製品の改善が進んでいく見込みです。
現在の課題はディスプレイの寿命の短さなどが話題に上がりますが、
2~4年サイクルで買い替えが発生するスマートフォンでは大きな問題にならないでしょう。
Appleも時期iPhoneの商品ラインナップに組み込んでいく話も出ております。

鮮やかな発色と引き締まった黒。

搭載が待ち遠しいです。

最後に”HDR”の話

「HDR(high dynamic range )」も最近TVやゲーム機、映像ソフトで話題沸騰なので、
耳にする機会が多いのではないでしょうか。

写真をやる方は”写真のHDR機能”の認識の方が強いと思われますが、
あちらは言わゆる画像補正で、
夕焼けや夜景など、「白とび」「黒つぶれ」になりがちな「絵」に補正をかけて、被写体全体が均等に映るようにする技術ですが、映像のHDRは違います。

映像のHDRは、表現の段階を、現在の映像規格よりも拡大して、
より繊細にした新しい映像規格となります。

地味ですがワクワクしませんか?…しないですか;

暗い映像でも、暗いなりに多くの情報が確認でき、
光度/輝度を高く設定できる製品が出てくれば、
白とびがなく、
眩しい程の明部とコントラスト高い暗部が表現できるようです。

しかしながら、現実の家庭向け製品では、
眩しいと感じるだけの明るさを画面から放つには、
それ相応の電力の消費が必要となるので、
蛍光灯並みの明るさは難しいところがありますが、
よりきめ細かい表現力に可能になることに違いありませんね。

次回は、UI/UXとサービス設計の妄想に戻りたいと思います。
以上、デジマースのネモトでした。

Pocket