アプリに必要なアイコンサイズ-Android編-

こんにちは。デザイン業務に関わっております、デジマースのコンドウです。

今回のテーマは、「アプリに必要なアイコンサイズ-Android編-」です。

前回私が作成した記事、「アプリに必要なアイコンサイズ-iOS編-」に続いて、Android端末のホーム画面に表示されるアイコンサイズについてご紹介したいと思います!
iOSのアイコンサイズも知りたいと言う方は、ぜひ「iOS編」の記事もご覧ください!


Androidのホームアイコンてどんな形?

さて、みなさんはAndroidのホームアイコンと言うと、どのような形を思い出しますか?四角でしょうか?丸でしょうか?

Androidのホームアイコンは、ベースの形に決まりはありません。視認性やコンセプトと整合性が取れていれば、自由に作ることが出来ます。
色合いだけでなく形も様々なので、ホーム画面が賑やかになり、見ていて楽しい気持ちになりますね!
また、アプリ開発者側としても、アプリの特徴や中身をより効果的に伝えることが出来ます。系統が同じアプリが並んだ場合も、より分かりやすい見た目である方がユーザーの意識が向きやすくなります。

私は各Android端末の「設定」アイコンが好きです。歯車や工具をモチーフとしていることが多く武骨な印象になりがちですが、ベースの形に決まりがないおかげで、モチーフの凹凸を活かした表現ができます。
端末やOSによってフラットだったりシャドウが効いていたり、アクセントカラーが入っていたりとシンプルながらも特徴が出ていて面白いです。

話が少し逸れてしまいましたが、ここからが本題です。自由に形が作れても、サイズには決まりがあります。
下記は、2016年12月16日時点のデータです。仕様に変更があった際は、都度都度ブログにまとめていきたいと思います!

それでは、以下がサイズ一覧です。


Androidホーム


Android番外編

いかがでしたでしょうか?

サイズ内に収まっていれば、形は自由です。iOSでは出来ないようなデザインに挑戦するも良し、AndroidとiOSでも形を統一してブランディング重視のデザインにするも良し。
アプリの良さが伝わるような素敵なアイコンを作ってみてください。

今後も、作成に必要なサイズの調査は行っていきますので、新情報が出た際は、随時こちらでまとめていきたいと思います。

iOSに必要なアイコンサイズは、下記のページにまとめてありますので、興味のある方は覗いてみてください!
アプリに必要なアイコンサイズ-iOS編-

それではまた!コンドウでした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です