マテリアルデザイン~アニメーションpart2~

Pocket

こんにちはもしくはこんばんは!
デザイン業務に関わっております、デジマースのスガです!

2016年も残すところあとわずかになりました。
お家の片づけも仕事もやる事いっぱいの師走は本当に忙しいですね。
日に日に時間の流れが速くなっているような気がします。

さてさて、前回の記事にてマテリアルデザインのアニメーションについてお話しさせて頂きました。
今回も引き続きアニメーション部分に触れていきたいと思います!

*。゜・。ここでは全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも
何となく分かるをベースに書いております。・。゜*


簡単に前回のおさらい!「マテリアルデザインのアニメーション」とは?

★マテリアルデザインとは触感的表現を含ませたものをさしますので、
よってアニメーション効果にもリアリティのあるルールを適応
★現実的な動きに合わせたモーションが推奨されている

マテリアルデザインのアニメーションの利点とは?

さっそくではありますが、アナタは下記の様に見たい記事を見つけました。

pic_161222_01

如何でしょうか。このパッと切り替わる動作は普段見慣れている人が多いかと思います。
求めている動作が早いことはとても良い事です。
まるで、長いマラソンのスタートとゴールの部分だけを見た様な感じです。

そこで、もっとユーザーメリットが組み込まれたらどうでしょう?
動作からすぐに結果が出ている時点でスピード面において充分メリットがありますが、
ここに「ユーザー自身が行った動作に対して、今自分がどのような状態なのかが一目で分かる」とどうでしょう。

またまた、アナタは下記の様に見たい記事を見つけました。

pic_161222_02

如何でしょうか。動作と結果の間にこのようなモーションを加えることで、
ユーザーは自分が行った行動に対して、アクションが起こるので、
今自分がどのような状態なのかが一目で分かる状態になります。

長いマラソンはスタートとゴールの間に、走っている過程があります。
その過程の部分をマテリアルデザインではユーザーの操作に合わせてリアリティのある現実的な動き
を加えスライドや拡大などのモーションで次のページへ誘導を行います。
つまり今までなかったはっきりとした遷移過程のアニメーションによって、
ユーザーの目線の動きもバッチリとらえ(人はつい動くものなどを追ってしまいますよね)
次々起こる動作をスムーズに解消していくことが出来ますね。

最後に

現実的な動き(例:スタートとゴールの間)に合わせたモーションを加えると操作もより分かりやすくなります。
これらのモーションには様々な種類があり、スライドしたり、画面内のパーツが入れ替わったり回ったり……様々なものがあります。

もしこれからスマートフォンでサイトなどを見るときに少し注意して見てみて下さい。
特に気にしていなかっただけで、実は上記のようなモーションで誘導されていたかもしれません。

まだまだ、マテリアルデザインは奥が深いですね。
次回もマテリアルデザインについて、項目をピックアップしながら全部を理解せずとも、デザイナーでなくとも何となく分かるをベースにお伝えしていければと思います。

それでは、またお会いしましょう!

Pocket

アプリに必要なアイコンサイズ-Android編-

Pocket

今回のテーマは、「アプリに必要なアイコンサイズ-Android編-」です。

前回私が作成した記事、「アプリに必要なアイコンサイズ-iOS編-」に続いて、Android端末のホーム画面に表示されるアイコンサイズについてご紹介したいと思います!
iOSのアイコンサイズも知りたいと言う方は、ぜひ「iOS編」の記事もご覧ください!


Androidのホームアイコンてどんな形?

さて、みなさんはAndroidのホームアイコンと言うと、どのような形を思い出しますか?四角でしょうか?丸でしょうか?

Androidのホームアイコンは、ベースの形に決まりはありません。視認性やコンセプトと整合性が取れていれば、自由に作ることが出来ます。
色合いだけでなく形も様々なので、ホーム画面が賑やかになり、見ていて楽しい気持ちになりますね!
また、アプリ開発者側としても、アプリの特徴や中身をより効果的に伝えることが出来ます。系統が同じアプリが並んだ場合も、より分かりやすい見た目である方がユーザーの意識が向きやすくなります。

私は各Android端末の「設定」アイコンが好きです。歯車や工具をモチーフとしていることが多く武骨な印象になりがちですが、ベースの形に決まりがないおかげで、モチーフの凹凸を活かした表現ができます。
端末やOSによってフラットだったりシャドウが効いていたり、アクセントカラーが入っていたりとシンプルながらも特徴が出ていて面白いです。

話が少し逸れてしまいましたが、ここからが本題です。自由に形が作れても、サイズには決まりがあります。
下記は、2016年12月16日時点のデータです。仕様に変更があった際は、都度都度ブログにまとめていきたいと思います!

それでは、以下がサイズ一覧です。


Androidホーム


Android番外編

いかがでしたでしょうか?

サイズ内に収まっていれば、形は自由です。iOSでは出来ないようなデザインに挑戦するも良し、AndroidとiOSでも形を統一してブランディング重視のデザインにするも良し。
アプリの良さが伝わるような素敵なアイコンを作ってみてください。

今後も、作成に必要なサイズの調査は行っていきますので、新情報が出た際は、随時こちらでまとめていきたいと思います。

iOSに必要なアイコンサイズは、下記のページにまとめてありますので、興味のある方は覗いてみてください!
アプリに必要なアイコンサイズ-iOS編-

それではまた!デザイン業務に関わっております、デジマースのコンでした。

Pocket

あぁ…Flashツールに望みはあるか?

Pocket

今回はWebの一時代を華やかに着飾った「Flash」の、
代表的な制作ツールの今後を妄想してみました!


そもそも「Flash」とは?

元々は旧Macromediaが開発したインタラクティブWEBアニメーションファイルを制作するツールで、
現在はAdobe内にて開発が継続しています。
Webページの切り替えにオーバー表現なアニメーションが展開されたり、
アーティスティックな個人WebサイトのUIでは目を奪われる表現に使われたり、
さらには、
YouTubeなど、Web動画再生の仕組みにも過去使われていました。

そんなFlashの制作ツールはタイムライン制御GUIによる直感的な操作が特徴で、
JavaScriptやhtmlなどが苦手なWebデザイナーでも簡単にアニメーションが作れたことで大変支持を得たのです。

「Flash」で出来ること

また、
特に独自のActionScriptを使用することでインタラクティブな制御か可能となり、
プログラムスキルがあればFlashアプリも作ることが出来る特徴があります。

近年では、SEO対策や脆弱性問題とブラウザ組み込みプラグインという特性上から標準搭載されなくなっている傾向もあり、
AdobeはFlashを「2020年末に終了」を正式発表しております。

時代の流れにも対応

そんな、Web業界で余命を宣告されたFlashのオーサリングツールである「Adobe Flash」ですが、
ツールの名称を「Adobe Animate CC」に変更して開発が継続されることになり、世のフラッシャーに希望を与えました。

注目は、近年対応を進めてきた「HTML5 Canvas」機能の実装によるJavaScriptアニメーションアウトプットであり、
今後のアップデートによって、動画書き出し含めて機能充実が期待されています。

「Adobe Animate CC」の活用

個人的な意見を述べるのであれば、
デザイナーが慣れ親しんだこのオーサリングツールを、
最終的なアウトプットやコンテンツを制作する目的に限定するのは大変もったいないので、
UIの確認を行う「プロトタイピング」の工程で大いに活躍することが出来ると考えています!

UX全体を考慮するのであれば単純な画面遷移アニメーション(トランジション)具合も重要なサービスの振る舞いになってきますので、
「静」でなく「動」の表現を企画者や開発者に伝える手段として適切なツールなのではないでしょうか。

「Adobe CC」を導入している環境であれば「Adobe Animate CC」を是非活用して、
プロジェクトメンバー間で、プロトタイピングによる使用感の共有を進めてみてください。

次回も日々変化するWeb制作環境などにスポットを当ててご紹介します。
サービスデザインに関わっているデジマースのネモトでした。

//////// UI系 関連記事はこちら↓ /////////

簡単!ペーパープロトタイピング
カルーセルとユーザビリティー
UIとアニメーションの関係②
『リフレッシュレート』とUX
UIとアニメーションの関係
プロトタイピングに挑戦する
プロトタイピングの活用
[必然的な利用シーン]環境/需要との接触
UX(ユーザー・エクスペリエンス)を解釈してみた
サービスVSユーザー!UIリテラシー格差を考える
8bitに学ぶUIデザイン
サービス運用中の注意点
データとセグメンテーション
サービス立ち上げとデザイン

Pocket

知らないと会話がストップ!?
コントロール系部品の名前(1)

Pocket


「ちょっと待ってください、ピッカーって何でしたっけ?」

ミーティングで飛び交うUIの用語、何か分からないまま話を進めてしまった…。質問して話の流れを止めてしまった…。
そんな経験をしたことのある今回のブログ更新担当のデジマースのはらです。こんにちは!

UIのミーティングをスムーズに進行するためには、やはり使用される各部品の名前を知っておく必要があります。あいまいな表現で相手に伝えたがために、のちに話が食い違う、なんて事があるかもしれません…。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_161201_01

ということで今回も、私の前回のブログに引き続き、UIで使用される部品の紹介をします!
紹介する部品は、地味ですが基本となるコントロール系部品です。
少し知っているだけでも、打ち合わせがスムーズになると思います!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_161201_02

今回は、コントロール 系部品を6種類、名前と使用場面を合わせて紹介しました。
名前をなんとなくでも頭に入れておくと、打ち合わせの最中に「あっ、これのことだ」となると思います。
まだまだ沢山紹介したいよく見るコンポーネントがあるのですが、量が多いのでそれはまた次回の更新で紹介したいと思っております。

Pocket