アプリに必要なアイコンサイズ-iOS編-

こんにちは。デザイン業務に関わっております、デジマースのコンです。

今回のテーマは、「アプリに必要なアイコンサイズ-iOS編-」です。
Androidのアイコンサイズも知りたいと言う方は、ぜひ「Android編」の記事もご覧ください!

ここで言うアイコンとは、iPhoneのホーム画面などで表示されるアイコンのことです。

pic_161124_01

表示される場所は3ヵ所あります。上記の「ホーム」と、「設定」「Spotlight」です。
「設定」は、設定アプリ内のリスト左側に表示されます。「Spotlight」は、ホーム画面を左スワイプした時などに出てくる、検索画面の候補や結果として表示されます。

pic_161124_02

アプリ開発に関わっている方にとっては、頭を悩ませる要素の1つですよね…。
また、これからアプリを作りたい!と思っている方は、サイズはいくつ?何個作ればいいの?そもそも1サイズじゃ駄目なの?と疑問が沢山かと思います。

そんな時の為に、必要なアイコンのサイズをまとめました。
自社で開発する際にまとめたデータとなりますので、角丸の半径などは目安として考えてもらえればと思います。

留意事項として、アイコンのサイズは、OSのバージョンアップのタイミングで細かく変化することがあります。あくまで、2016年11月24日時点のデータですのでご注意ください。
サイズが変わった際は、都度都度ブログにまとめていきたいと思います!

それでは、下記からサイズ一覧となります。


iPhone

pic_161124_03


iPad

pic_161124_04


iPad Pro

pic_161124_05


AppStore申請用

pic_161124_06


いかがでしたでしょうか?
1つアプリを作るのに、こんなに沢山のサイズが必要なのか…と驚いた方もいるかもしれません。

基準となるアイコンを1つ作って、それを拡大・縮小すれば良いのでは?と思うかもしれませんが、それだと角丸の比率が変わってしまう場合があります。
比率が違うと実機で表示された際、アイコンの周りに意図しない枠線が付いてしまう事がありますので、1つ1つ丁寧に確認・作成を行って下さい。

せっかくプロジェクトメンバーと意見を出し合い、こだわって作ったアイコンです。
最後の詰めまでかっこよく決めてあげてください。

作成に必要なサイズの調査や更新は随時行っていきますので、新情報が出た際は、随時こちらでまとめていきたいと思います。


Androidに必要なアイコンサイズは、下記のページにまとめてありますので、興味のある方は覗いてみてください!
アプリに必要なアイコンサイズ-Android編-


それではまた!コンでした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です