コーチマークについて

こんにちは、今回のブログ更新担当のはらです。私の初めての更新となります!


あのUIなんだっけ?

「UIに関してミーティングをしたとき、使いたいパーツの名称が分からず、上手く伝えることができなかった…」そんな経験、あなたにはありませんか?
と、いう事で今回は最近よく見るけれど、名称を知らない人が多いであろうUIをご紹介したいと思います。それでは…いきなりですが…問題です!

ph_01

コーチマーク

正解は「コーチマーク」です。パッと答えられた方…さすがです!
このコーチマーク、アプリを使っていると時々見かけますよね。これは問題文に記載している通り、操作方法などをユーザーに案内するためのものです。
表示のタイミングは主にアプリ起動時で、ユーザーがこれから使用する画面の上に半透明の地をのせ、さらにその上に説明文や矢印をのせ表示します。(大抵はオーバーレイ表示と呼ばれています)

コーチマークを平たく言うと「“実際の画面を利用”し、直接ボタンの意味や操作手順などを説明する」見せ方です。もっともっと平たく言うと「使用画面上に説明を直接表示する方法」です。
この方法だったらわざわざ別画面に遷移してチュートリアルやヘルプなどを確認しなくて済みますよね!

コーチマークは初めてアプリを起動したユーザーにボタンの場所を直接伝えたい時に使用すると効果的です。(本来は説明なしでも使い方が分かるように設計されていることが理想です)
直接表示で伝えやすい反面、すぐに使って試したいユーザーからは鬱陶しく思われてしまうかもしれません。アラートもそうですが、何度もコーチマークを出すとユーザーは無視するようになってしまいます。使う前に本当にこのタイミングで使用する必要があるのか検討した上で使用しましょう。

メリットとデメリット

では、まとめとして、メリットとデメリットを紹介していきます。

ph_02

UIは使いどころを間違えると、我慢できないほど使いにくいものになってしまいます。ですので、どのUIが適切なのか慎重に協議した上で導入しましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です